toggle
2017-03-25

原油とゴールドの長期チャートで何がわかるのか?

楽天証券から引用

原油は資源としての価値を失いつつある。トランプ政権になって、2000もの極秘特許が解放する
中で、フリーエネルギーと、老化を戻すテロメアの技術が3年以内に実現化する。

 

このような情報がアメリカでは出始めています。

 

デビッドロックフェラーの死により、石油利権、原子力利権は急速に衰退。
今後は医療も大きな変革を迎える可能性が高い。


原油と同じ2001年からは、赤線の右側で表記
2001年の1229円/1グラムから、2016年には4655円/1グラム
3.78倍になっている


赤い矢印の、三角持合いが、どちらかにブレイクするはず。

 

現在は、ビットコインなどの仮想通貨も金と連動した発行形態も出てきています。
そもそも、お金=紙幣=デジタルな数字なので、仮想通貨にただ変わるだけであれば、従来と何も変わりません。
しかし、現在の中央銀行(民間が何故か株主)から、各種銀行が通貨発行権を持つ流れに変わってきています。

 

内外為替一元化コンソーシアムの参加銀行(五十音順)2017/3/3 6:30日経新聞より抜粋
青森銀行、足利銀行、阿波銀行、イオン銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、大分銀行、オリックス銀行、群馬銀行、京葉銀行、山陰合同銀行、四国銀行、七十七銀行、清水銀行、十六銀行、信金中央金庫、新生銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、セブン銀行、ソニー銀行、第四銀行、大和ネクスト銀行、千葉銀行、中国銀行、筑波銀行、東京スター銀行、東邦銀行、栃木銀行、西日本シティ銀行、野村信託銀行、八十二銀行、百五銀行、広島銀行、福井銀行、北洋銀行、北陸銀行、みずほフィナンシャルグループ、みちのく銀行、三井住友信託銀行、武蔵野銀行、八千代銀行、山形銀行、山口銀行、横浜銀行、りそな銀行、琉球銀行

 

究極な話をすれば、誰でもお金を発行でき、お金の価値など無くなる時代が来たのかも知れません。

民間の銀行が、自分達で仮想通貨を発行できるのであれば、今後は常識外れの世界が到来するでしょう。


消去法

不動産 どうしても人口減少に対して解決策無し。都内一極集中しか上がらない

株 アメリカ次第。日本だけで伸びていく要素なし。現在の安部政権も問題多く、限界か。

そこで、やはり地金系のゴールドが最も安全という選択です。


アンティークコインは、値上がり狙い

地金金貨は、防御的役割で両方保持がわたしのスタイルです。

関連記事
Comment





Comment