toggle
2020-07-31

オーストラリア1888年ヴィクトリア女王インターナショナルエキシビジョンメルボルンゴールドメダルNGC-PF63CAMEO

オーストラリア1888年ヴィクトリア女王インターナショナルエキシビジョンメルボルンゴールドメダルNGC-PF63CAMEO

CENTENNIAL INTERNATIONAL EXHIBITION MELBOURNE

このゴールドメダルは、メルボルン国際展示会のために作成され、ストークス&マーティンによって設計されました。

この巧妙に細工されたゴールドメダルは、素晴らしいコレクションです。

表側:ビクトリア女王のベールに包まれたバストと王冠。

Stokes&Martin S.G.によって、Hy Disston&Sonsに授与され、端に刻印されています。

魅力的なオーストラリアのメダルであるビクトリアの肖像画は、幅広の王冠を除いて、現代のジュビリー硬貨のスタイルでデザインされました。

金属含有量:1.8トロイオンス 46.1グラム
純度:91.67%金
直径:39mm


メルボルン百周年記念展覧会は、オーストラリアにおけるヨーロッパ人の定住の世紀を祝うために組織されました。

1880年にメルボルン国際展示会のために建設された展示館は拡張され、再利用されました。

センテニアル展示会はオーストラリア自体に焦点を当て、多くの訪問者を魅了した音楽と絵画を強調しました。 ウィキペディアより

場所: オーストラリア カールトン カールトン庭園
開始日: 1888年8月1日

 


 

ARTIBUS DIGNIS HONOR INSIGNIS

MELBOURNE MINT MDCCCLXXXVII

南十字星座がこのデザインにあらわされています。

世界遺産に指定されたメルボルン展示館のホールの内部


ビクトリア州(1851年)とニューサウスウェールズ州(1856年)は、自治権を付与された後、金の埋蔵量の発見と利用の結果として、着実な経済成長を遂げました。

 

1850年代と1860年代のこの成長は、それぞれの首都であるメルボルンとシドニーの間の競争につながりました。

 

1870年代に焦点は外の世界に向けられ、芸術、科学、教育とともに商業と産業を促進することを目的として、ヨーロッパの素晴らしい展示をモデルにした展示を組織するための提案が行われました。

 

メルボルンは1879年に準備を開始し、議会に計画を提出しました。メルボルンのライバルであるシドニーは、2つの都市のうちの古い都市であり、最初の都市になりたいと考え、記録的な速さで展示会を開催しました。

 

シドニー国際展示会は1879年10月に始まりましたが、主に農業に焦点を当てていたため、あまり一般的ではなかったため、BIEによる公式の承認基準を満たしていませんでした。メルボルンはシドニーでの展示会の直後に展示を開始することを決めたので、参加者は1880年の冬の間に展示物を運ぶことができました。


1878年5月、ジョセフ・リードとフレデリック・バーンズのデザインが本館に選ばれました。

1879年2月19日、ジョージボーウェン卿はカールトンガーデンに新しい展示館の礎石を築きました。

デビッドミッチェルによって建てられた建物は、約7エーカーをカバーしました。

その身廊は500 x 160フィートで、翼廊の長さは272フィートでした。

直径60フィートの大きなドームが建物から217フィート上昇しました。それぞれ460 x 138フィートの2つの機械の別館が本館の裏側に建てられました。


メルボルン国際展示場の賞デザイン。1878

展示準備


とても美しいプルーフ仕上で、側面のエッジに文字が刻まれているレタードエッジです。

重量46.1グラムで91.67%とゴールドとしての価値も十分に持ちます。

人気のヴィクトリア女王の肖像でNGC社にプルーフ63CAMEOの認定を受けています。

関連記事
Comment





Comment