toggle
2020-09-23

グレートブリテン2003年ゴールデン・ジュビリーエリザベス2世戴冠式50周年1オンス5ポンドプルーフ金貨PCGS-PR70DCAM

グレートブリテン2003年ゴールデン・ジュビリーエリザベス2世戴冠式50周年1オンス5ポンドプルーフ金貨PCGS-PR70DCAM

発行枚数 1,896枚

22金 91.66%金
重量  39.94g
直径  38.61mm

裏面デザイン Tom Phillips(トム・フィリップ)
表面デザイン Tom Phillips(トム・フィリップ)


右を向いたエリザベス2世の第4冠頭;ELIZABETH II – DEI GRATIA REGINA – F – D – / 円形の枠内に4行で

 


デザイナー Tom Phillips(トム・フィリップ)

 

ペニーの冒険」は、小学生の頃、小論文の題材として好んで読んでいました。60年前、私は初めてこのテーマに挑戦したのですが、コインの歴史を辿ってみると、ピカピカの新品から、今でも流通しているヴィクトリア朝のペニーのほとんど目立たない黒い円盤に至るまで、コインの歴史を知ることができました。私たちの物語に登場するコインには、必然的にロマンティックな、危険な、あるいは不吉な物語が含まれていました。しかし、私たちはコインが実際にどのようにして作られたのか、その設計者のような影のある人物について考えることはおろか、実際に作られたものを拡大して見ることはありませんでした。


今、目の前で鋳造されたばかりの自分のコインについて書かないかと誘われて、私は学校に戻ったような気分になりますが、その物語の裏側と呼ばれるもの、そもそもそれがどのようにしてそこに到達したのかという物語を語ることになります。しかし、ここでは(このようなインフレは)5ポンド硬貨である。


正直に言うと、このコインは名目上流通しているだけで、銀と金の素晴らしい例が存在することで、収集され、保護され、ほとんど扱われない受動的な物として静かな人生を送ることが保証されています。私自身の銀貨だけが、ポケットの中で鍵や小額の雑魚と戯れることになるでしょう。私はただ、それがどのように見えるのか、いわば野生の姿を見てみたいだけなのです。


始まりは、王立造幣局からの手紙で、他の3人のアーティストと競争して、ジュビリー・クラウンピースのラフデザインを発表してくれないかと言われたことでした。同僚を犠牲にして勝つか、自尊心を傷つけて負けるかのどちらかしかありません。しかし、4トラックのイベントは、統計的にも有利な戦い方をしているように見えました。さらに、それは名前や評判で判断されるものではありませんでした。私たちのデザインは匿名で発表され、印刷され、A B C または D のマークが付けられます。審査員のリストは印象的で、ヴィクトリア&アルバート館長や著名な美術史家メアリー・アン・スティーブンスなどのデザインの重鎮が含まれていました。


すぐに私は言葉とエンブレムの様々な構成を試していましたが、どの封筒の裏も安全ではありませんでした。過激なデザインを排除することはできないと言われていましたが、言葉を扱うことが好きだった私は、テキストがイメージになり、文字がデザインになるという解決策の方向へと導いてくれました。私は詩人賞受賞者からの言葉を提供されていたが、人気のある君主の晩年を祝うためには、忠実な乾杯の方法で何かが呼ばれていたことを私に思えた。神は女王を救え “という単純な叫びよりも実際には何が良いです。


ロイヤルアカデミーの経営委員会の会議で、私は好きな式を思いついた。このような会議では、財務問題の多くの不透明な議論が含まれており、これらは描画に特に助長されています(これはまた、上のグレージングから目を保つのに役立ちます)。少なくともある意味では、図示されたアジェンダを見ればわかるように、私は適切なタイミングでお金を稼いでいた。スタジオに戻ってから、この中心的なモチーフを四角くしてみました。


私が納得したのは、このモチーフが円の半径を使わず、丸いフィールド全体にエネルギーを分散させていることです。これがデザインの指針となりました。縁の周りのレタリングでも、中心に戻る線があってはならない。もちろん、言葉や日付を組み込むこと、そして何よりも重要なのは女王自身のイメージであり、多くの問題を残しました。年を重ねるごとに老けていく似顔絵は、すでに私たちのコインや切手に目立たないように登場していますが、これは戴冠式そのものの時代に戻る理想的な機会であり、私の参照イメージは、50年前の国会議事堂の開会式に向かう女王の象徴的な横顔でした。


主なコインやメダルの作品

 


私は、できるだけ少ない線でシンプルな横顔を作り、すべてのマークをレタリングと同じ太さにすることで、コインの両面のデザインを統一することを試みました。すべてが完成し、適切な図面が作成されると、デザインは正式に造幣局に送られました。審査員の方々には、私が通常のコインよりも古風で、より頑丈で、紋章的な装飾のないコインを作っていることを評価していただきたいと願っていました。


判定のための長い待ち時間が始まると、私はなぜコンクールが嫌いなのかを改めて思い知らされました。私は何時間もの労力を無駄にしてしまったのだろうか?しかし、造幣局の芸術的最高責任者であるグラハム・ダイアーから、私のデザインが選ばれたことを知らせる、特徴的で静かな極秘のメッセージが届くまでにはそう時間はかかりませんでした。


私は初めて造幣局を訪れました。この造幣局は、ラントリサンの近くの田園地帯にある巨大な企業であることがわかりました。ここはおそらくこの国で唯一の建物で、入ってきたときに持っているコインをすべて明け渡さなければならず、出て行くまで鍵のかかった箱に入れておくことになる。私が価値のあるものの近くにいたのは、造幣局の魅力的な博物館の中だけだったので、これは実際のセキュリティの問題というよりは、楽しい奇抜さのように思える。そこで私が最も興味をそそられたのは、エドワード8世の発行されることのなかったコインのプルーフのセットでした。どうやらエドワード8世は、デザインがちょっと保守的なのではないかと、しぶしぶ許可したようです。


後のウィンザー公爵は、他に何もないとはいえ、スタイルの問題では進歩的でした。

造幣局のより工業的な部分では、巨大な機械がブランクを打ち抜く作業をしていますが、他の部分ではコピーや縮小のための装置が、それ自体がエンジニアリングの美しい作品であり、巨大な古い蓄音機のように作業をしています。それは、私のコインの模型を、ディナープレートほどの大きさの石膏の円盤に縮小して、最終的な大きさにするための、これらの機械の一つでした。どの段階でも私は、その巧みな専門知識を持った職人と一緒に模型を微調整する機会を与えられました(そして、その機会を得ました)。


最終的には、私は、かなり激しい宣伝文句と奇妙なマーケティングパックに続いて、コインの証明を受け取った。ラジオ・タイムズのようなところには、驚くほどの大音量の広告が掲載されていました。ミドルセックス州のゲーン氏は、「我々の貨幣の品質とデザインが他国のものよりも優れていることを常に誇りに思っている」と、バッキンガム宮殿と王立造幣局の両方に手紙を書き、「このような不名誉な安っぽいデザインは、協同組合のトークンにしかふさわしくないだろう…フィリップス氏には、他の王国の貨幣をデザインさせないようにお願いします」と言っています。私は最近のコインにはあまり興味がないので、この言葉は何よりも正しかったと感じました。


私のコインはすでにポケットパティーナを獲得しており、リアリティ、実体感、質感を満足のいくものにしてくれています。また、緊急時には合法的に飲み物を買うのにも使えるような、自分の作品の一例を常に手元に置いておくのも良いことだ。手にして見ていると、それをデザインし、現在の物理的な存在に至るまで見届けることの興奮を再び感じ、ジョン・ベッチマンが貨幣学的至福の瞬間と呼んだかもしれないものを体験します。

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


 

主なアート作品

 

 


 

「GOD SAVE THE QUEEN」と手書きの活字で書かれ、周囲の碑文は「- CORONATION JUBILEE – FIVE POUNDS – 2003」

 


PCGS社

70グレードが6枚の激レアコインです。

激少枚数

1オンス

プルーフ

単年度発行

優れたデザイン

人気要素の多いコインです。

関連記事
Comment





Comment