toggle
2021-05-27

グレートブリテン2021年音楽の伝説シリーズ・ザ・フー1オンス100ポンドプルーフ金貨箱付き


 

グレートブリテン2021年音楽の伝説シリーズ・ザ・フー1オンス100ポンドプルーフ金貨箱付き

 


 

英国を代表するバンド、ザ・フーを讃える

ミュージック・レジェンド・コレクションでは、英国の多様な音楽の過去と現在を象徴するアーティストを紹介しています。

 

ひとつのバンドが世代を超えて活躍することはあまりありませんが、爆発的なパフォーマンスを見せるザ・フーは、50年以上にわたって英国のサウンドトラックの一部となっています。

 

画期的なリードギタリストのピート・タウンゼント、マイクを振り回すロジャー・ダルトリー、ジョン・’ザ・オックス’・エントウィッスル、そして破天荒なドラマーのキース・ムーンが共に、そのユニークなスタイルでジャンルに挑戦し、記録を塗り替え、ファンを熱狂させてきました。

 

アーティストのヘンリー・グレイは、バンドのライブや大音量でのパフォーマンスから最も象徴的なシンボルをデザインに盛り込みました。ユニオン・フラッグ、モッズのロゴ、スピーカーを破壊するリッケンバッカー・ギターなどが、バンドの最も有名な作品のひとつであるトミーにちなんで、ピンボール・テーブルの形になっています。


 



ザ・フーは、世界を舞台にロックンロールの夢を実現し、スーパースターの座を獲得したかもしれませんが、その物語は、ロンドンで育った4人のスクールボーイから始まりました。

ロジャー、ジョン、ピートの3人は、ロジャーのバンド「The Detours」で演奏していたオリジナル・ラインアップの一員でした。バンドはザ・フーとなり、その後ハイ・ナンバーズと改名し、1964年にドラマーのキース・ムーンを加えてザ・フーに戻った。


バンドは、西ロンドンのシェパーズ・ブッシュのクラブでリズム・アンド・ブルース・スタイルを披露し、ビンゴ・ホールや伝説的なゴールドホーク・クラブで演奏した。

 

彼らのサウンドはすぐに進化し始め、「My Generation」のような曲で英国の若者たちを魅了し、モッズの雰囲気を醸し出していた。

 

ロジャーは、「Substitute」の「I was born with a plastic spoon in my mouth」という歌詞に象徴されるように、労働者階級のルーツにこだわりたいと考えていたが、ピートはすでにアイデアに溢れ、ユニークなサウンドの曲を書いていた。


 

 


4人とも個性的な才能と態度を持った外向的な人物で、その組み合わせは爆発的であり、彼らの化学反応はなぜかうまくいった。

 

ステージ上でもステージ外でもおどけた態度をとる彼らは、すぐにライブとラウドであるという評判を得た。

ピートがRailway Hotelで初めてギターを叩き割ったことは有名だが、これは彼らの爆発的なパフォーマンスの評判を高めるきっかけとなった幸せな事故だった。

 

ショーの終わりに行われた破壊的なステージでは、それ自体が音となり、超現実的な不協和音となり、それ自体が芸術となりました。

 

しかし、このルーティンには問題がありました。バンドのローディは何本ものギターを持ち歩いており、ショーが終わるたびに接着剤や紐、ガッファーテープで修理する必要がありました


60年代にファンを増やす努力をしたThe Whoは、トップ10入りを果たした。

1967年にはアメリカにも進出し、イギリスと同様にアメリカの若者の心をつかみました。

バンドは、ビンゴホールでの演奏から、アリーナやスタジアムなどの大規模な会場でのツアーに移行し、1969年にはウッドストックで40万人以上のファンの前で演奏しました。

 

イギリスでは、チャールトン・アスレチック・フットボール・クラブのスタジアムなどで演奏していました。

愉快で大胆不敵なキース・ムーンはタウンゼントと一緒にキットを叩き壊し、ジョン・エントウィッスルはより大きな音を出し、ロジャー・ダルトリーはフリンジ付きのジャケットに身を包み、高音のスクリームと有名なマイクの回し方を完璧にした。



バンドは革新を続け、1975年にはケン・ラッセル監督の映画「トミー」が公開された。

この映画は、バンドが1969年に発表した同名のロック・オペラ・アルバムに基づいている。

 

1978年9月7日、キース・ムーンが薬物の過剰摂取により亡くなるという悲劇に見舞われました。

1978年9月7日、キース・ムーンが薬物中毒で亡くなるという悲劇に見舞われたが、バンドは元スモール・フェイセスのドラマー、ケニー・ジョーンズを起用して活動の継続を誓い、成功を収めた。


ウェンブリー・スタジアムやマディソン・スクエア・ガーデンでの大規模な公演が続き、モッズ映画『四重人格』のヒットにより、ザ・フーの音楽はさらに多くの人々に知られるようになりました。

その後20年間、バンドの活動は断続的になりましたが、1985年のライブ・エイドや2005年のハイド・パークでのライブ・エイトなど、世界史に残るような瞬間には再結成されました。

 

1994年にリリースされた4枚組ボックスセット『Thirty Years of Maximum R&B』は、既存のファンだけでなく、新しい世代のファンにもThe Whoの人気が続いていることを証明しました。

 

2002年6月27日、アメリカ・ツアーの前夜にジョン・エントウィッスルが心臓発作で亡くなり、バンドに2度目の悲しみが訪れた。その後、バンドはセッション・ベーシストのピノ・パラディーノを迎えてツアーを敢行し、40年ぶりとなるニュージーランドとオーストラリアへのツアーを含め、世界各地で多くの公演を行いました。



この間、ロジャー・ダルトリーとピート・タウンシェンドは、数多くのチャリティ活動を行ってきました。

ティーンエイジ・キャンサー・トラストとダブル・オー・チャリティのために数百万ドルを集めたロジャー・ダルトリーは、女王陛下の新年の栄誉リストで、音楽とチャリティへの貢献を称えられ、CBEを授与されました。

ピート・タウンゼントの弟、サイモン・タウンゼントや、ビートルズの伝説的存在であるリンゴ・スターの息子、ザック・スターキーのような音楽界の王族のメンバーも加わり、50年以上経った今でもザ・フーは音楽を作り、演奏し続けています。hope I die before I get old」という歌詞は、年齢ではなく、バンドの若々しい姿勢を表しているようです。

 

ロイヤルミントのミュージック・レジェンド・コレクションの最新作は、アーティストのヘンリー・グレイがデザインしたザ・フーを記念したものです。

 

このコインは、リッケンバッカー・ギターをピンボール・テーブルに見立てて、スピーカー・スタックを破壊している様子が描かれており、モッズ・ラウンデルも付いています。

 


限定350枚の1オンスプルーフ金貨です。

 

 

 

99.9%金
重量 31.21 g
直径 32.69mm
裏面デザイン Henry Gray ヘンリー・グレイ


 

Music Legendsシリーズの最新コインは、英国で最も影響力のあるバンドの一つであるThe Whoを記念したものです。そのデザインは、バンドの最も有名な作品の一つである「Tommy」にちなんで、ピンボールテーブルの形をしています。アーティストのHenry Gray氏に作品について語っていただきました。


これまで手がけたデザインとの違いは何ですか?苦労した点は?

 

“2017年の第一次世界大戦アビエーション2ポンドコインや、2020年の英国赤十字社設立150周年を記念した5ポンドコインなど、いくつかのコインデザインを手がけてきました。

 

英国王立造幣局からの依頼では、テーマが多岐にわたり、興味深いものばかりです。

 

その中で課題となるのは、いかにしてユニークな物語を抽出して伝えるかということです。

 

それは、対象を簡単に識別できるようにすると同時に、見る人にもう少し近づいて見てみたいと思わせるものです。

 

“デザインは、バンドの音楽的なセンスを表現し、バンドのイメージを反映したものでなければなりませんでした。実際にバンドを見せることなく、被写体が一目でThe Whoと分かるようにしなければなりませんでした」と述べています。



デザインのインスピレーションはどのようなものでしたか?

 

 

“ひらめき “の瞬間はありませんでした。いろいろと調べていくうちに、The Whoのユニークな要素がいくつか見えてきました。

主なものは「Pinball Wizard」で、他にもステージ上で機材を壊してしまう習慣(ピート・タウンゼントによると、これは自動破壊的なパフォーマンスアートだそうです)。

私は、これらのキーコンセプトを伝える方法を試し始めました」。

 

 

デザインのさまざまな側面について教えてください。

 

“すべてのグラフィック要素は、The Whoのさまざまな特徴を表現しています。

その中には、バンドが最も頻繁に使用するアイコン、ユニオンフラッグ、Modのロゴ、そしてバンドの最も有名な曲が含まれています。”

デザインは、ピンボールの台に見立てたリッケンバッカー・ギターが、スピーカー・スタックを突き破って破壊される様子を表しています。

ピート・タウンゼントがステージで初めて破壊したギターがリッケンバッカーだったことから、ギターはリッケンバッカーでなければなりませんでした。

ギターがスピーカー・スタックを破壊する様子は、ピート・タウンゼントが機材を刺したり、破壊したりする様子を写真に収めたことを彷彿とさせます。

 

“ユニオン・フラッグは、バンドのプロモーション資料で常に使用されてきましたが、それ以上に、セット・ドレッシングとして、衣装として、さらにはスピーカー・スタックのカバーとしても使用されていました。Pinball Wizard』は、彼らの最も有名な曲というわけではありませんが、ファンや一般の音楽愛好家にとっては最もよく知られている曲の一つだと思いますからね」。

 

ヘンリー・グレイのデザインは、The Who 2021英国コインに採用されています。



表面デザイン Jody Clark

 

表面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

Proof プルーフ仕上
2021年製造

 

 


 

何と言っても、ザ・フー初デザインのプルーフ1オンス金貨です。

通貨単位 £100
発行枚数 350枚
999.9 fine gold
重量 31.21 g
直径 32.69mm


裏面デザイン Henry Gray
表面デザイン Jody Clark
仕上 Proof
2021製


ロイヤルミントで即日完売の金貨です。

世界で350枚しかない稀少金貨です。

最近英国純金1オンス金貨は、価格上昇が大きいです。

 

予約商品です。

6月中旬くらいに入荷予定です。

関連記事
Comment





Comment