toggle
2021-11-21

イタリア 1534-1559年 エルコレ2世 1スクッド金貨 NGC-MS62

イタリア 1534-1559年 エルコレ2世 1スクッド金貨 NGC-MS62

 

 

 

 

 

 

1534-1559年発行

発行枚数不明

 

 

 

重量:3.30グラム

品位:91.15%金

 

 

 

NGC社鑑定枚数3枚、MS62でトップグレードです。



カトリック教会、ギリシア正教会の聖人、聖ジミニャーノ

モデナの守護聖人である。聖名祝日は命日の1月31日。没した地は現在はサン・ジミニャーノと呼ばれている。



十字架


エルコレ2世・デステ

在位 1534年10月31日 – 1559年10月3日

 

 

出生 1508年4月5日

 

 

死去 1559年10月3日(51歳没)

 

 

配偶者 ルネ・ド・フランス

 

 

子女 アンナ
アルフォンソ2世
ルクレツィア
エレオノーラ
ルイージ

 

 

家名 エステ家

 

 

父親 アルフォンソ1世・デステ
母親 ルクレツィア・ボルジア


1528年にフランス王女ルネ(イタリア語名:レナータ・ディ・フランチア)と結婚。

彼女は義兄フランソワ1世から莫大な持参金と年金をもらっていた。

 

 

 

彼女はフェラーラ宮廷の伝統になっている科学や芸術のパトロンとしての役割を担い、ベルナルド・タッソやフルヴィオ・ペレグリーニ・モラトを招聘した。

 

 

 

1534年10月に父の死により公位を継承すると、公妃レナータの持ち込んだフランス文化が支配的で高くつくことから宮廷を反フランスに塗り替えてしまった。

 

 

 

また、エルコレ2世はレナータがジャン・カルヴァンと文通しており、プロテスタントへの改宗が疑われることから、妻を異端の疑いで拘束し宗教裁判にかけた。外圧に逆らえない夫により、1554年にレナータは懺悔させられ、身柄は拘束されたままだった。

 

 

 

エルコレ2世は1556年にローマ教皇パウルス4世・フランスと同盟しスペインと戦った。また、弟のイッポーリト枢機卿(ティヴォリ近郊にヴィラ・デステを建設した)同様、芸術のパトロンであった。


1534-1559年発行

発行枚数不明

 

 

 

重量:3.30グラム

品位:91.15%金

 

 

 

NGC社鑑定枚数3枚、MS62でトップグレードです。

 

 

 

歴史あるイタリアの金貨です。

500年前の金貨とは思えないほど状態が良く、鑑定枚数も少ないため希少です。

関連記事
Comment





Comment