toggle
2022-07-06

NGC社鑑定済 箱付き グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 在位70周年記念 プラチナ・ジュビリー 200ポンド ソブリン金貨 PF70 UCAM

NGC社鑑定済 箱付き グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 在位70周年記念 プラチナ・ジュビリー 200ポンド ソブリン金貨 PF70 UCAM

 

 

 

 

 

200ポンド PF70 ULTRA CAMEO
現存最高トップグレードのPF70 ULTRA CAMEOです。

 

 

 

200ポンド金貨

重量 62.42グラム
直径 40ミリ
99.9%金

 

 

 

表面デザイン:John Bergdahl

裏面デザイン:John Bergdahl

 

 

 

ロイヤルミントでは女王陛下のプラチナ記念日を祝うため、1977年と女王陛下の最初のジュビリーを振り返る限定セットが作られました。


今年で在位70年となるエリザベス2世を祝うロイヤル・ジュビリーは、在位25年のシルバー・ジュビリーから始まりました。

在位中の君主を祝うこの式典は世界中で祝われ、現在でもイギリスにとって重要なイベントであり続けています。

ジョージ3世の時代から始まったとされるロイヤル・ジュビリーですが、歴史上在位50年を迎えた英国君主は少なく、ヘンリー3世、エドワード3世、ジェームズ6世がどのようにゴールデン・ジュビリーを迎えたのか、記録はほとんど残っていません。


英国で最も長く君臨する女王エリザベス二世は、世界中で愛され尊敬を集めています。

1977年(シルバージュビリー)、2002年(ゴールデンジュビリー)、2012年(ダイヤモンドジュビリー)には重要なジュビリーセレブレーションが行われました

 

 

 

1977年のシルバージュビリーに先立ち、女王はエディンバラ公フィリップ殿下とともに英連邦を訪問する素晴らしいツアーを行いました。

イギリスでは、5億人もの人々がテレビでこの祝典を見る中、ストリート・パーティーが開催されました。

2002年、女王在位50周年を記念して、何千人もの人々がザ・モールでカーニバルの雰囲気を味わい、バッキンガム宮殿で行われたポップ・コンサートは、センセーショナルな花火で幕を閉じました。

2022年、女王陛下は、1952年2月6日の即位から70周年を迎え、英国の君主として初めてプラチナジュビリーを祝うという、またとない節目を迎えます。

英国王立造幣局は、女王陛下の在位期間中に発行されたすべての公式貨幣を製造してきました。

この歴史的な機会を祝うために、ロイヤルミントはこれまでで最大規模のコインコレクションを作りました。


馬に乗るエリザベス2世

イギリス王室の紋章


2022年、女王陛下が英国君主として初めてプラチナジュビリーを迎えるにあたり、その70年を記念する王冠を打刻する伝統を継承しています。

ジョン・バーグダール氏は、英国で最も経験豊かなコインアーティストの一人であり、プラチナジュビリーの記念品として当然の選択でした。

マチンの後を継いで、ジョンはコインの裏表両面のデザインを手がけました。

 

 

 

裏面のデザインは、1953年にギルバート・レッドワードRAが制作した戴冠式を彷彿とさせるもので、ホースガードの制服を着て馬に乗る女王陛下が描かれています。

しかし、ジョンは、彼の独特のスタイルに忠実に、このデザインをユニークなものにするために、さらなる工夫を凝らしました。

「王家の紋章から取ったロイヤルガーターを入れることで、見慣れた馬上の肖像画を差別化することにしました」
ジョン・バーグダール

 

 

 

彼はまたコインの裏面も同様に、歴史上のコインに登場する王家の紋章からインスピレーションを得たとい言います。

“過去に目を向け、ウィリアム4世のコインに使われていたと思われる王家のマントの周りを利用しました。”
ジョン・バーグダール


NGC社鑑定済 箱付き グレートブリテン 2022年 エリザベス2世 在位70周年記念 プラチナ・ジュビリー 200ポンド ソブリン金貨 PF70 UCAM

 

 

 

英国最長の在位期間を誇るエリザベス2世の金貨

歴史上初となるプラチナ・ジュビリー

 

 

 

人気のエリザベス女王の金貨に加え、トップグレードとなっています。

関連記事
Comment





Comment