toggle
2020-08-15

ハンガリー1453-57年ラディスラウス5世ゴールドゴルデン金貨PCGS-MS63

ハンガリー1453-57年ラディスラウス5世ゴールドゴルデン金貨PCGS-MS63

戴冠した全身像、ハルバート(ハルバードは、15世紀 – 19世紀のヨーロッパで主に使用された武器である。

ハルベルトあるいはハルバートとも呼ばれる。語源は、ドイツ語で「棒」を表すハルムと「斧」を意味するベルテからなる造語であるとする説がある。)
を持ち宝珠を持つ。

ラディスラス5世(1440年2月22日- 1457年11月23日)は、だったオーストリアの公爵、そしてハンガリーの王、クロアチアとボヘミア。

彼はルクセンブルクのエリザベスと共にハプスブルクのアルバートの死後の息子でした。

アルバートは死の床で彼のすべての領域を彼の将来の息子に遺贈しましたが、オーストリアの領地だけが彼の最後の意志を受け入れました。

オスマン帝国の侵略を恐れて、ハンガリーの領主と高位聖職者の大多数がポーランドのウラジスラウス3世に王冠を提供しました。

 

フスボヘミアの貴族や町が王位にアルバートの子孫の遺伝権利を認めませんでしたが、また新しい王を選出しませんでした。

戴冠式
1440年5月15日


ラディスラウスの誕生後、彼の母親はハンガリーの聖冠を奪取し、1440年5月15日にハンガリーのラディスラウスVとして知られるセーデスフェヘールヴァールで王に戴冠しました。

 

 

3.55グラム

直径22ミリ

 

 


ライオンとイーグルのモチーフ

 

570年ほど前の金貨でありながら、MS63という高グレードの為、非常に美しいです。

 

PCGS社鑑定は、4枚でトップ2グレード残存1枚のみです。

 

関連記事
Comment





Comment