toggle
2020-08-15

ベルギー・オランダ・ブラバント・フェリペ2世 (スペイン王)1/2リアルドール金貨NGC-AU55

ベルギー・オランダ・ブラバント・フェリペ2世 (スペイン王)1/2リアルドール金貨NGC-AU55

3.44グラム

直径23ミリ

ミントマークが手の絵柄

Brabant Antwerp製造

ウイキペディアより

ブラバント公国 (オランダ語:Hertogdom Brabant、フランス語:Duché de Brabant、ドイツ語:Herzogtum Brabant)は、低地諸国にあったかつての公爵領。現在のベルギーのフラームス=ブラバント州、ブラバン・ワロン州、アントウェルペン州およびブリュッセル首都圏地域、オランダの北ブラバント州を含んでいた。

ブラバント公の紋章


ウイキペディアより

フェリペ2世 (スペイン王)

フェリペ2世(Felipe II, 1527年5月21日 – 1598年9月13日)は、ハプスブルク家のカスティーリャ王国・アラゴン王国(=スペイン)の国王(在位:1556年 – 1598年)。イングランド女王メアリー1世と結婚期間中、共同統治者としてイングランド王フィリップ1世(Philip I)の称号を有していた。また1580年からは、フィリペ1世(Filipe I)としてポルトガル国王も兼ねた。

スペイン帝国・スペイン黄金世紀の最盛期に君臨した偉大なる王で、絶対主義の代表的君主の一人とされている。その治世はスペイン帝国の絶頂期に当たり、ヨーロッパ、中南米、アジア(フィリピン)に及ぶ大帝国を支配し、地中海の覇権を巡って争ったオスマン帝国を退けて勢力圏を拡大した。さらにポルトガル国王も兼ね、イベリア半島を統一すると同時にポルトガルが有していた植民地も継承した。その繁栄は「太陽の沈まない国」と形容された。


非常に有名な王で、

1527年神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王としてはカルロス1世)とポルトガル王マヌエル1世の娘イザベルとの間に生まれた。

 

スペイン王にして神聖ローマ皇帝に選出された父カルロス1世は当時のヨーロッパで最大の勢力を持ち、ヨーロッパ以外の広大な領土とあわせて、その繁栄は「太陽の沈まない国」と形容された。

 

なお、現在のフィリピン共和国、フィリピン諸島などの「フィリピン」は、1542年、スペイン人のコンキスタドールによってラス・フィリピナス諸島と命名されたことに起源を発するが、これは、当時アストゥリアス公だったフェリペの名に由来する。

フェリペは1556年1月16日、父の退位によりオーストリアを除く領土を受け継ぎ、スペイン王フェリペ2世として即位した。

 

28歳であった。既に1521年にオーストリア大公、1531年にローマ王となっていた叔父フェルディナントは、この時に皇帝位を継承した。

こうしてハプスブルク家は、スペイン・ハプスブルク家とオーストリア・ハプスブルク家に分化した。


 




発行枚数、残存枚数不明ですが、このコインは、2度しかみたことが無いです。

スペイン系で、名家ハプスブルク家の有名王フェリペ2世の金貨です。

関連記事
Comment





Comment