toggle
2020-08-27

グレートブリテン・ビクトリア・ゴールデンジュビリーシルバーメダル1887年PCGS-MS62

グレートブリテン・ビクトリア・ゴールデンジュビリーシルバーメダル1887年PCGS-MS62

デザイナーL. C. Wyon

ウナライオンデザインのW.Wyonの長男である、L. C. Wyon

 

表面:クラウン、ベール、ドレープのバストで左向きのヴィクトリア女王



裏面:ヴィクトリアは玉座に座っており、オーブと逆剣を持っています。


上記の2人天使とその周辺には、芸術、産業、商業を表す7つの寓話があります。

文明世界の「5つの」大陸:アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカ

象徴的なタイプの1つであるこの銀色の「ゴールデンジュビリー」は、シルバーグレーの表面で、バーガンディの色相と周辺部のコバルトカラーによって強調されています。

ゴールデンジュビリー(英: golden jubilee)とは、重要な出来事の50周年記念日のこと。 また、それを祝賀して開催される祝典。


非常に鮮やかなプルーフとなっており、非常に魅力的です。

グレートブリテンでこれまでに発行された中で最大のサイズの銀メダルの1つです。


ランシング公爵コレクションのシルバーメダルです。

上記画像のヴィクトリアゴールドメダルと同じデザインのシルバーメダルです。

 


ランシング公爵コレクション 英国戴冠式メダルのコレクション

ジェームズ1世から始まり、現在の主権者であるエリザベス2世の戴冠式まで続いているこの膨大なコレクション。

 

さらに、キャビネットには、銀や金のジュビリーなど、歴史的に重要な他のイベントを記念するメダルがあり、エドワード8世のややスキャンダルで比類のない退位すらあります。

 

コレクションの背景とそれが表す重要性について、「デューク」自身からの視点を以下に示します。

 

 

最初は、私は単なるコレクターであり、私はディーラーでもエキスパートでもないことを伝えることが重要だと感じています。私は学者でもイギリス諸島の祖先でもないので、イギリスの歴史への私の興味は付随的です。しかし、幼い頃から、英国が何世紀にもわたって文化、科学、芸術に貢献してきたことを知っていました。


ブリティッシュミントの作品は、その精巧な肖像画と複雑な象徴性、そしてその高い品質の職人技で常に私を感動させてきました。私はコレクションの重要な部分を数年前に個人から個人的に入手し、残りを商業的に(ここ米国と英国の両方で)ジェームズIから公式メダルの完全な代表を得たと信じるまで記入しました。

 

エリザベス2世のゴールデンジュビリー。ジェームズ2世の女王の配偶者であるモデナのマリア(1685年)のメダルには、わずか100体の標​​本からなる金の造幣所があったと言われているので、イギリスの戴冠式メダルは全部で100セットしかないと主張します。

 

過去25年間、私は英国の王室の歴史のこのような配列を非常に身近に感じることをとても楽しんでいます。その取り組みを完了し、14フィートのカスタムケースにメダルを展示したら、王室のサイン、公式のワックスシールを貼った証書(私は不動産にいた)、宮廷の剣、ロイヤルヨットからのアイテムを集めました。 、 とりわけ。私のサロンの目玉は、ビクトリア朝時代にオークの単一のスラブから彫られた大きくてカラフルな紋章(王室御用達)です。

 

コレクションを他の人に渡す時が来たと感じています。彼らが私と同じようにインスピレーションを受けてくれることを願っています。


製造枚数260枚

直径77ミリ

重量不明

PCGS社鑑定済 33枚

トップ3 グレード 残存13枚

 

PCGS社の3Dセキュアホルダーに収められた、超重量級のシルバーメダルです。

彫刻のあまりの造形美に、銀で出来た芸術品と思うことは間違いないと思います。

関連記事
Comment





Comment