toggle
2020-10-15

グレートブリテン 2019年 キューガーデン 50ペンス ゴールドプルーフ ピードフォート PCGS-PR70 DCAM

グレートブリテン 2019年 キューガーデン 50ペンス ゴールドプルーフ ピードフォート PCGS-PR70 DCAM

50ペンス金貨

 

PCGS社鑑定済み2枚

最高グレードPR70 DCAMです。

 

重量:31g

直径:27.30mm

品位:91.66%金

 

表面デザイン:Christopher Le Brun

裏面デザイン:Jody Clark


表面


裏面


【英国50年の業績】

何年にもわたって、50ペンスはイギリスの功績や出来事、節目を祝ってきました。

これらの記念すべきデザインの多様性と質の高さは、収集の熱狂的なブームを巻き起こしました。

 

コレクションを始めるための入門コインとなっています。


【10進法】

 

50ペンスが流通するようになったのは、10進法への移行に備えてのことでした。

 

英国の硬貨制度は何世紀にもわたって変わっていませんでしたが、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの多くの英連邦諸国はすでに10進法に移行していました。

 

1966年に議会は英国も10進法への移行を決定し、それから5年もたたずに旧貨幣制度は歴史書に名を残すことになりました。


【コレクターが夢中になる50ペンス金貨】

 

コレクターにどのコインが最初かを尋ねたら50ペンスである可能性が高いでしょう。

 

長年にわたり、このコインは、スポーツ選手から作家まで、英国文化のあらゆる側面を称えて、膨大な種類の記念版が発行されてきました。

 

その豊富な種類の多さがコレクターに火をつけましたが、これらの中でもキューガーデンズの50ペンスが最も人気があると言っても過言ではありません。


キューガーデンズ50ペンスに描かれている由緒ある施設は、国内で最も有名な王立植物園です。

 

クリストファー・ル・ブランによるデザインは、キューの有名な中国のパゴダ(仏塔)をモチーフにしており、塔の周りには葉っぱのような装飾が施され絡み合っています。

50ペンスの流通開始時には需要が少なかったため、このデザインの鋳造量も多くはありませんでした。

キューガーデンズ50ペンスは最も象徴的で愛されている50ペンスコインの1つであり、ロイヤルミントは敬意を表し、セレブレーション50周年記念50ペンス 2019 ブリティッシュカルチャーセットにこの50ペンスを含めることを選択しました。

2019年版では、オリジナルの2009年版とは異なる女王陛下の肖像が描かれており、もちろん2019年の鋳造日が記されていますが、キュー・ガーデンズ50ペンスのデザインは相変わらず人気です。
PCGS社鑑定済み2枚

最高グレードPR70 DCAMです。

 

関連記事
Comment





Comment