toggle
2020-10-15

グレートブリテン 2019年 ロジャー・バニスター 50ペンス ゴールドプルーフ ピードフォート PCGS-PR70 DCAM

グレートブリテン 2019年 ロジャー・バニスター 50ペンス ゴールドプルーフ ピードフォート PCGS-PR70 DCAM

50ペンス金貨

 

PCGS社鑑定済み1枚

最高グレードPR70 DCAMです。

 

重量:31g

直径:27.30mm

品位:91.66%金

 

表面デザイン:James Butler

裏面デザイン:Jody Clark


表面


裏面


【英国50年の業績】

何年にもわたって、50ペンスはイギリスの功績や出来事、節目を祝ってきました。

これらの記念すべきデザインの多様性と質の高さは、収集の熱狂的なブームを巻き起こしました。
コレクションを始めるための入門コインとなっています。


【初の1マイル4分突破50周年記念】

1954年5月6日、イギリスの医学生であるロジャー・バニスターが、このマジックナンバーを達成しました。

オックスフォードのイフレイ・ロード・トラックのコンディションは理想とは程遠いものでした。

 

バニスターは突風のために挑戦を断念しそうになりましたが、幸いにも彼は心を入れ替えました。

ペースメーカーのクリス・ブラッシャーとクリス・チャッタウェイに先導され、ホームから200メートルのところでバニスターはラインに向かって蹴り出し、3分59秒4でゴールを迎えました。

歓喜に包まれた3,000人の観客は、歴史の一端を目の当たりにしました。

First Sub-Four Minute Mile – Sir Roger Bannister – Guinness World Records 60th Anniversary


【10進法】

 

50ペンスが流通するようになったのは、10進法への移行に備えてのことでした。

 

英国の硬貨制度は何世紀にもわたって変わっていませんでしたが、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの多くの英連邦諸国はすでに10進法に移行していました。
1966年に議会は英国も10進法への移行を決定し、それから5年もたたずに旧貨幣制度は歴史書に名を残すことになりました。


【コレクターが夢中になる50ペンス金貨】

コレクターにどのコインが最初かを尋ねたら50ペンスである可能性が高いでしょう。

長年にわたり、このコインは、スポーツ選手から作家まで、英国文化のあらゆる側面を称えて、膨大な種類の記念版が発行されてきました。

2019年版では、オリジナルの2009年版とは異なる女王陛下の肖像が描かれており、もちろん2019年の鋳造日が記されていますが、キュー・ガーデンズ50ペンスのデザインは相変わらず人気です。

PCGS社鑑定済み1枚

最高グレードPR70 DCAMです。

関連記事
Comment





Comment