toggle
2021-01-10

グレートブリテン2002年クイーンエリザベスI世戴冠450周年5ポンド金貨NGC-PF70UCAM

グレートブリテン2002年クイーンエリザベスI世戴冠450周年5ポンド金貨NGC-PF70UCAM

裏面には、銀細工師ロッド・ケリーによるエリザベス1世の肖像画が描かれています。ジョージ・ガワーによるエリザベスの壮大な肖像画「Armada」にインスピレーションを得て、女王は王冠をかぶり、4つの装飾的なアーチによって作られたマンドラの中にセットされています。

2つのサイドアーチには、レスター伯爵ロバート・ダドリーの彫刻を彷彿とさせる葉っぱの模様が描かれています。

アーチで区切られた上部の周囲には、ELIZABETH REGINA(ラテン語でエリザベス、女王)の碑文が刻まれています。

彼女が即位した年(1558年)と記念日の年(2008年)は、アーチで区切られたローマ数字で示されています。それぞれMDLVIIIとMMVIII。

左側の装飾アーチの上には、デザイナーのイニシャルであるRAKの文字が刻まれています。

表面デザイン Rod Kelly

1983年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んで以来、ロッドはノーフォークの工房で依頼を受けて仕事をしてきました。

 

彼の得意とするローレリーフのチェーシングは、しばしばゴールドを象嵌し、モダンで機能的なシルバーのエレガントな作品にモダンなローレリーフのグラフィックイメージを生み出します。

 

また、シェットランドにあるサウスハウス・シルバー・ワークショップでは、若い銀細工師の育成と指導を行っています。

 

QESTの奨学金を得て、ロッドは彫刻家のアラン・マッド氏から金象嵌のための凹みの作り方を教わり、銀細工職人のイアン・カルバート氏からはハンマリングとハンダ付けの技術を学びました。

 

ロッドの最も重要な仕事の一つは、金細工師のワーシップフルカンパニーのために制作された「ダイヤモンド・ジュビリー・ローズウォーター・ディッシュ」です。

 

彼の作品は、ロイヤル・メールのミレニアム切手のファーストクラス、技術者ブルネルを記念して流通している2ポンドコイン、エリザベス1世即位450周年を記念して作られた5ポンドのクラウンなどに使用されています。

 

彼の作品は、V&A、スコットランド国立博物館、バーミンガム博物館、セント・ポールズ大聖堂、リッチフィールド大聖堂などの博物館に所蔵されており、10ダウニング・ストリートのシルバー・トラスト・コレクションにも所蔵されています。

 

 

 


主な作品



 

ELIZABETH · II D · G · REG · F · D FIVE POUNDS.

5ポンド  直径38.61ミリ 39.94グラム

91.7%金

発行枚数 1,500枚
表面がエリザベス女王

 

コインのデザインは、イアン・ランク・ブロードリーです。
1952年に英国ウォルトン・オン・テムズで生まれたの彫刻家です。

多大な作品を持つ彫刻家です。

コインやメダルを多数デザイン

多数の彫刻をデザイン


 

NGC社の最高鑑定70UCAMは現在27枚です。

69グレードも27枚であり、非常に70グレードはつきにくいです。

ロイヤルミントでもすでに売り切れです。

大型金貨
プルーフ仕上げ
人気のデザイン
最高鑑定で枚数が少ないという
人気コインの条件を多数満たしています。

 

関連記事
Comment





Comment