toggle
2021-03-08

グレートブリテン クイーンズビースト2018年クラレンスのブラックブル100ポンド金貨 NGC-PF70UCAM

グレートブリテン クイーンズビースト2018年クラレンスのブラックブル100ポンド金貨 NGC-PF70UCAM

 

発行枚数500枚

100ポンド金貨
直径32.69ミリ
厚さ 2.7ミリ

重量 31.1g

品位 金 99.99%

1オンスの大型金貨です。


表面

 

BLACK BULL OF CLARENCE 2018

 


「女王の獣コレクション」の4枚目のコインを所有してみてはいかがでしょうか。
クラレンスのブラックブルは、コインデザイナーのジョディ・クラーク氏によって美しく描かれています。
女王陛下の戴冠65周年と同じ年に発売


クイーンズ・ビーストは、1953年の戴冠式で女王陛下に贈られました。今年はこの記念すべきイベントの65周年を記念しているので、この歴史的な作品はあなたのコレクションにぴったりです。

 

クラレンスの黒い雄牛は、15世紀にエドワード4世がイングランド初のヨーク主義者の王となって以来、権力の象徴となっており、彼の軍隊は雄牛を盾につけていたと広く信じられています。

 

この雄大な獣はその後、1560年代にエリザベス1世がすべての銀貨の再貨幣化を命じた後、ロイヤル・アームズとコインに登場しました。


裏面

ELIZABETH II · D · G · REG · F · D · 100 POUNDS


エリザベス2世の系譜を表す「クイーンズビースト」の紋章像は、1953年に行われた女王の戴冠式のために、ウェストミンスター寺院の一時的な西側の別館の前に立っていました。

 

クイーンズ・ビースト像は、エリザベス2世の家系に関係のある家系のバッジや腕章がついた盾を支えるヘラルドのビーストで構成されています。これらの像は彫刻家のジェームズ・ウッドフォードの依頼により、英国事業省によって制作されました。

 

戴冠式での盾を除いて、これらの像は着色されていませんでした。

 

これらの像は現在、カナダ歴史博物館に展示されています。他にも、ロンドンのハンプトンコート宮殿とキューガーデン、ウィンザー城のセントジョージ礼拝堂の屋根には、王の獣と呼ばれることもある王妃の獣の像があります。

クラレンスの黒い雄牛は、エドワード4世を経て女王のもとに降臨しました。盾には、エドワード4世と弟のリチャード3世、ランカスター家とチューダー家のすべてのソブリンが身につけていた王室の紋章が描かれています。

 


 

 

エリザベス女王の肖像

両面ともにJody Clark(ジョディー・クラーク)デザインです。

Proof プルーフ仕上
2018年製造


発行枚数が少なく、1オンスプルーフで英国製と人気が出そうです。
人気のクイーンズビーストでブラックブルモチーフです。

70グレードは6枚です。

関連記事
Comment





Comment