toggle
2021-03-23

グレートブリテン2021年エリザベス2世プレミアム・エクスクルーシブ純金2オンス200ポンドプルーフ ブリタニア金貨 

 

グレートブリテン2021年エリザベス2世プレミアム・エクスクルーシブ純金2オンス200ポンドプルーフ
ブリタニア金貨


200ポンド金貨

重量62.42グラム

直径40ミリ

99.99%金

発行枚数230枚



デザイナー P.J. Lynch


マザーグース賞、クリストファー・メダルを3回、権威あるケイト・グリーナウェイ・メダルを2回受賞するなど、多くの賞を受賞しています。

PJは最近、アイルランドの児童文学のための4人目のLaureate na nÓg(ローレイト・ナ・ノグ)として発表されました。


 

今年のブリタニア2021コレクションのテーマは「A Nation of Innovation(革新の国)」です。一見、詩的な言葉遊びのように見えるこのタイトルですが、実際には、偉大な英国を体現するコインにとって、これほどふさわしいキャッチフレーズはないと言っても過言ではありません。

 

英国は、1668年にアイザック・ニュートン卿が望遠鏡を開発し、1712年にはトーマス・ニューコメンが蒸気機関を進化させるなど、世界がこれまでに見たことのないような偉大なイノベーションを生み出してきました。絶え間ないイノベーションの追求の中で、英国人は世代を重ねるごとに、より創造的な革命家を輩出し、人間の能力の限界を超え続けています。


英国人の偉大な頭脳は、今日に至るまで、新しい発見に向けて邁進し続けています。

 

英国は国として、世界の技術、医学、科学に顕著な貢献をしていると自負しています。そのため、英国の歴史には、独創的な発明家や前衛的なクリエーターが数多く存在しており、その名前は非常に印象的です。さらに言えば、文字通り私たちの生活を一変させた革新的な技術の数々は、それ以上に素晴らしいものです。



英国で最も有名な発明品の多くは、時代を超えた名声と尊敬の念を創造者に与え、象徴的な存在となっています。電話を発明したアレキサンダー・グラハム・ベルや、ペニシリンを開発したアレキサンダー・フレミングなどがその例です。また、ラッセル・ホブスの自動ケトル、ジェームズ・ダイソンの先駆的な掃除機、ボウラー兄弟の帽子、アルフレッド・バードの有名なカスタードなど、それぞれの分野を超えて活躍し、その名を英国の辞書に定着させた発明家もいますし、サンドイッチ伯爵のトレードマークであるスナックの名声を否定する人はいないでしょう。

 

英国の創意工夫は、私たちの日常生活の中にあふれており、日々の生活をより効率的に、より楽しく、より簡単にしてくれています。2022年にブリタニア・コレクションを発表する頃には、どんな素晴らしい英国の発明品が登場しているかわかりません。


英国王立造幣局は、1,100年以上にわたって英国の機関であり続けています。アングロサクソン・ロンドンの質素な作業場から始まり、最終的には世界をリードする輸出造幣局へと発展しました。卓越した貨幣を追求するために、長年にわたってプロセスを改善し続け、最高水準のコインを製造してきました。

 

 

同様に、ブリタニア・コインも、時代とともに変化し、新しい技術に適応しながら、その進化の道のりを歩んできました。しかし、ブリタニア・コインは当社の代表的なコインの一つとして長い間定着していますが、実はブリタニアの物語は当社の設立よりも数百年前に遡ります。ブリタニアは、ローマ帝国がイギリス諸島に進出した際にローマ人によって考案され、新たに獲得したローマの州を象徴するものとして作られました。


 

ブリタニアは、ハドリアヌス帝の時代のAD119年頃に貨幣としてデビューしました。彼女のイメージはローマ帝国の崩壊とともに人気を失ったが、この忘れられたアイコンは、チャールズ2世の時代の1672年にファージングとハーフペニーに再び登場し、それ以来、すべての英国君主のコインに描かれているのである。

 

女性戦士は時代を超えて不変の存在です。しかし、ブリタニアのコインの製造方法が変わっていないことがあります。手持ちの金型をハンマーで叩いていた原始的な時代から、現在の最先端技術を駆使した時代まで、コインの製造方法は大きく変わった。


1672年にブリタニアが再び貨幣として登場したのは、新しい鋳造方法が導入された時でした。手打ちから一歩進んで、シンプルで効果的なスクリュープレスでコインが打たれるようになったのだ。

 

この製法は、1810年にロイヤルミントがタワーヒルに移転するまで使われ続けた。1810年にロイヤルミントがタワーヒルに移転するまでは、この製法が採用されていた。

 

ブリタニアをはじめとするロイヤルミントのコインデザインは、蒸気を動力源とする機械の恩恵を受け、コイン製造は工業化時代へと移行していった。20世紀に入ると、英国王立造幣局はマスターツールの製造において、還元機への依存度を高め、さらなる革新を遂げた。実際、古典的なヤンビエ・リダクション・マシーンは、21世紀になっても使われ続けている。

2000年代に入ってからは、デジタルプロセスによって数々の新機軸が生まれ、コイン製造に大きなプラスの効果をもたらしています。デジタル技術により、製品設計者は、ミクロン単位だけでなく、髪の毛の100分の1以下の太さに相当するミクロンの分数単位で、これまで不可能だった微細な作業ができるようになりました。


このようなプロセスは、デザインに大きな影響を与えるだけでなく、おそらくより重要なこととして、セキュリティにも大きな影響を与えています。現代のレーザー技術では、人間の目には見えないほど小さな形状でも、独特の視覚効果を生み出すことができるようになりました。

 

歴史を振り返ると、英国王立造幣局の革新への取り組みは明らかであり、常に時代に合わせ、新しい技術の出現に対応し続けてきました。ブリタニア2021も例外ではありません。今年のシリーズでは、様々な視覚効果や、地金の場合はハイテクなセキュリティ対策を実現するために、多くの最新技術が用いられています。

ブリタニア2021シリーズの貴金属バージョンには、潜像、マイクロテキスト、ティンクチャー・ラインなどの形で高度なセキュリティ対策が施されています。実際、ブリタニア2021の地金は、これらのセキュリティ機能により、「世界で最も視覚的に安全なコイン」と称されています。



ブリタニア2021コレクションは、「革新の精神」をテーマにしており、デザインもそれを反映したものになっています。才能あるイラストレーターのP.J.リンチ氏は、このコンセプトを大切にし、貨幣というキャンバスを使って、ブリタニアのイメージを革新しました。プレミアム・エクスクルーシブ・バージョンのブリタニア2021のデザインは、古典的なアイコンを現代のために革新的に解釈したものです。


ブリタニア2021の包括的なテーマである「革新」は、英国王立造幣局の歴史の中で、ブリタニアシリーズだけでなく、注目すべき不変のテーマでもあるため、非常にふさわしいものです。毎年のように新しい技術が登場する中で、「革新の精神」は、ブリタニア2022コレクションをはじめとする未来に向けて、王立造幣局のコイン製造の最前線にあり続けることでしょう。

2,000年以上にわたり、ブリタニアは英国の揺るぎない精神を体現しており、そのドラマチックな表現、強調された姿勢、力強いオーラによって、愛国心とモチベーションを鼓舞してきました。


AD119年に貨幣としてデビューして以来、ブリタニアは様々な形で登場し、時代を超えて数え切れないほどのアーティストによって再構築されてきました。今年、才能あるイラストレーターのP.J.リンチは、この象徴的なシリーズにふさわしい2つの新しいブリタニアのデザインを発表し、この誇り高い系譜を引き継いでいます。

これまでイラストレーターとして活躍されてきましたが、コインデザインと伝統的なイラストレーションの最大の違いは何だと思われますか?
“両者はまったく異なる専門分野です。伝統的なイラストレーションでは、色やトーンを使って絵を描くことができますが、コインデザインでは、非常に低いレリーフの彫刻しかなく、しかも非常に狭い円形の形状に制限されています。デザイナーには多くの課題があるのです」。


英国王立造幣局が製造しているすべてのコインの中で、特にこのプロジェクトに惹かれた理由は何ですか?
“英国王立造幣局のためにブリタニアをデザインするチャンス……冗談でしょうか?光栄でした!”

 

今年は、2つのユニークで個性的なデザインが揃った初めての年です。2つのデザインはどのようにして生まれたのですか?”ほとんどのプロジェクトでは、1つのスケッチがすぐにお気に入りのものになりますが、今回は気に入ったアプローチがいくつかあって、それをかなり完成度の高い状態まで発展させました。


 

 

“あるときはライオンの守護者と一緒に、またあるときは岩場でトライデントと盾を持ち、足元には波が打ち寄せているというように、さまざまなポーズをとったブリタニアの姿を、たくさんの親指で描いていきました。

 

“このシリーズのエクスクルーシブ・エディションでは、ブリタニアの横顔をクローズアップして描くのが良いと考えました。力強く、毅然としていて、魅力的であると同時に、21世紀の英国人の多様性が反映されていなければならないと考えたのです」。


最初から入れたいと思っていた重要な特徴はありましたか?
“私にとってブリタニアは、必ずしも美しい女性ではなく、強い女性像であることが重要で、風になびく古典的なローブをまとうことを楽しみにしていました。

 

“ブリタニアであることを示す要素としては、トライデント、ライオン、ユニオン・フラッグの盾、そしてコリント式のヘルメットが挙げられます。彼女の非常に特徴的なヘルメットは、これらの要素の中でも最も重要なものであり、この象徴的な人物の真のトレードマークとなっています。”


これらのデザインでは、どのようなテーマを探求しましたか?
“私が最も重視したのは、ブリタニック・イメージの長い伝統を尊重しつつ、それを現代的な視点で捉えたコインを作ることでした。

 

私は、自分のデザインに政治的な物語を押し付けないようにしていましたが、ここ数年、ブレグジットの見通しが常にニュースになっていますし、アイデンティティや人種の問題についても関心が高まっていますから、どのような分野であっても、これらのテーマが自分の考えに影響を与えないようにするのは難しいでしょう。

 

もしあなたが、ある国の精神を象徴する人物をデザインする場合、この要素を無視すると、現在の英国を正確に反映していないことになります」。

先ほど、コインのデザインには多くの課題があるとおっしゃいました。

 

今回のデザインでは、どのような点が課題となりましたか?

“私の場合、イメージに多くのものを盛り込みたいと思うことが一番の問題です。

しかし、コインのデザインでは、イメージをシンプルにして、最も重要な要素に絞ることが必要です。

ロイヤルミントの素晴らしいデザインチームと一緒に仕事ができたことは、喜びであり、特権でもありました。



 

このような象徴的なコインをデザインするという経験は、全体的にいかがでしたか?

“ベルファスト生まれのアイルランド人である私にとって、今回の新しいコインセットのためにブリタニアのデザインを依頼されたことは、特に興味深い経験でした。アイルランド人がこのような英国のアイデンティティの重要な象徴を再構築するとなると、少し眉をひそめるかもしれませんが、私が生きてきた間に、英国とアイルランドの人々の間に存在する複雑な関係は劇的に変化してきましたし、ほとんどが良い方向に向かっています。ですから、英国王立造幣局からこの仕事を任されたことは、とても光栄なことだと思っています。

 

“私は、芸術家気質の少年だった私がデザインに惹かれた最初のコインのことを思い出します。それは、英国から独立して間もない1927年にアイルランド共和国のために鋳造され、1970年代まで流通していた最初のコインに描かれた大好きな動物のデザインでした。これを作ったのはパーシー・メトカーフというデザイナー…イギリス人です”

 

 


 

肖像面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

首の部分のJ.Cのイニシャルが入ります。

Jody Clark

生年月日: 1981年3月1日

エリザベス2世の第5番と最新の肖像画をデザイン


画像は2015年のモデルです。
http://agaunews.com/after-18-years-the-coin-effigy-of-queen-elizabeth-ii-changes-to-the-fifth-incarnation/より
引用


発行枚数:230枚

 

重量62.42 グラム、直径40.00ミリという重厚感と、その優れたデザインから売り切れとなった大変人気な2オンス金貨です。

ブリタニアシリーズは1987年から続くイギリス金貨の定番です。

英国の象徴であるブリタニアの全く新しい記念すべきプレミアムモデルです。

素晴らしいプルーフ金貨です。

発行枚数の少なさから将来は入手困難で値上がりは必須でしょう。

関連記事
Comment





Comment