toggle
2021-05-12

アンティークコイン フランス-フランシュヴァル金貨 (1350-64) ジャンII世 PCGS-AU-58

アンティークコイン フランス-フランシュヴァル金貨
(1350-64) ジャンII世 PCGS-AU-58

 

 

 

重量:3.82グラム

直径:29ミリ

品位:99.9%金で純金金貨です。

 

PCGS社鑑定済コインは23枚、AU58は5枚


コインの表面は、ジョンII世が乗馬

アームのフルール・ド・リスコートを着て、ユリをトッピング。クラウニングヘルムを着用して、左に疾走、剣を掲げる

馬には、ユリの紋章が多くデザインされています。

IOHANNES DEI GRATIA•FRANCORV REX、「ジョン、神の恵みによって、フランクの王」と翻訳

1360年12月5日に初めて発行されました。


この硬貨が発行されたとき、ジョン2世はフランスで繰り広げられている複数の災害に直面していました。

ペストによりフランスの人口のほぼ半分を失いましたが、同時にジョンは自分自身が身代金を請求されロンドンに投獄されていました。

1360年に釈放され、ブレティニー条約に調印したフランスは、領土の3分の1近くをイギリスに奪われました。


馬に乗ったフランは、主権を騎士として表す最初のフランス王室通貨です。まるで戦闘に入るかのようです。

フランスの通貨単位の名称 となる「フラン」という名前をつけた最初の通貨でも あります。





四葉パルメットで装飾され、4シャムロックに、四葉と緑豊かなクロスがあります。

円形の碑文。

XPCVINCIT•XPC REGNAT•XPC IMPERAT。

これは、「キリストを征服し、キリストを統治し、キリストの命令」を意味します。


ジャン2世は、フランス・ヴァロワ朝の第2代国王。初代国王フィリップ6世と王妃ジャンヌ・ド・ブルゴーニュの子。善良王と呼ばれた。 ウィキペディア

生年月日: 1319年4月26日
生まれ: フランス ル・マン

死亡: 1364年4月8日, イギリス ロンドン サヴォイ・パレス

配偶者: ジャンヌ1世 (1350年 – 1360年)、 ボンヌ・ド・リュクサンブール (1332年 – 1349年)

子供: シャルル5世、 フィリップ2世、 ジャン1世、 ルイ1世・ダンジュー、 さらに表示
両親: フィリップ6世、 ジャンヌ・ド・ブルゴーニュ


重量:3.82グラム

直径:29ミリ

品位:99.9%金で純金金貨です。

 

PCGS社鑑定済コインは23枚、AU58は5枚

 

MS62とアンティークでは高いグレードであることから、80万円くらいの価値は余裕だと思います。

フラン最初の通貨であり、今後爆発的な人気が出そうです。

関連記事
Comment





Comment