toggle
2021-09-09

ドイツ 1769-S年ブランデンブルク・アンスバッハ侯領アレクサンダーダカット金貨NGC-MS62

IFrame

ドイツ 1769-S年ブランデンブルク・アンスバッハ侯領アレクサンダー・ダカット金貨NGC-MS62

ドイツブランデンブルクの1ダカット金貨です。
統治者カール・アレクサンダー



表面
Georg Friedrich と Alexanderの胸像
1692~1703年統治   1757~1791年統治

GEORG FRID & ALEXANDER MARCH BRAND



裏面

本と王冠、盾のモチーフ

発行枚数は不明
重量3.5グラム
98.6%の金貨


ゲオルク・フリードリヒ2世

ゲオルク・フリードリヒ2世・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ(Georg Friedrich von Brandenburg-Ansbach der Jüngere(後代のゲオルク・フリードリヒ)、1678年5月3日 – 1703年3月29日)は、フランケン地方アンスバッハ侯領の辺境伯。ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒと、最初の妻ヨハンナ・エリーザベト・フォン・バーデン=ドゥルラハの3男。クリスティアン・アルブレヒトの弟、ヴィルヘルム・フリードリヒの兄。

生涯
兄クリスティアン・アルブレヒトが1692年に亡くなった後、遺領を継承した。この当時、ゲオルク・フリードリヒは未成年であり、初めは摂政の後見下でアンスバッハ侯領を統治した。プファルツ継承戦争では、1695年から1697年に神聖ローマ帝国軍に志願して参戦している。また、スペイン継承戦争では、1702年にモデナのベルゼロ城砦を占領する活躍をした。1703年には皇帝軍の将軍になったが、フィルス川の渡渉点を巡るシュミットミューレンの戦いで致命傷を負い、間もなく死去した。後継者がなかったため、異母弟のヴィルヘルム・フリードリヒが遺領を継承した。

 

 


フリードリヒ・カール・アレクサンダー


クリスチャン・フリードリヒ・カール・アレクサンダー(独: Christian Friedrich Karl Alexander, 1736年2月24日 – 1806年1月5日)は、フランケン地方のバイロイトとアンスバッハの2つの領地の最後の侯爵で、その領地を同じホーエンツォレルン家の一員であるプロイセン王に売却した。

アレクサンダーの両親は、ブランデンブルク・アンスバッハ侯爵チャールズ・ウィリアム・フレデリックとプロイセン王フリードリヒ・ルイーズで、プロイセン王フリードリヒ・ウィリアム1世の娘、プロイセン王フリードリヒ2世の妹、イギリス王ジョージ1世の孫娘、イギリス王ジョージ2世の姪であった(ジョージ2世はチャールズが24歳のときに77歳で亡くなり、チャールズの2番目のいとこである孫をジョージ3世として残している)。

1737年5月9日に兄のカール・フレデリック・アウグストが急死すると、後に「アレクサンダー」と名乗る彼は、この公国の皇太子となった。1748年から1759年までユトレヒトで学んだ。

1754年11月22日、アレキサンダーはコーブルクで、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・ヨシアスとシュヴァルツブルク=ルードルシュタット公アンネ・ソフィアの娘、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フレデリカ・カロリーヌ王女(1735~1791)と結婚した。

 

1780年、アレキサンダーは自らの銀行であるホーフフュルストリッヒ・ブランデンブルク・アンスパック・バイロイト銀行を設立し、後にバイエリッシュ・ハイポテケン・ウント・ヴェヒセルバンク(「バイエルンの抵当権と両替銀行」、現在はハイポヴェラインスバンクに吸収されている)を設立した。彼は、当時、自分の財務を監督していたユダヤ系の銀行を支援することを避け、民間の銀行家として活動することで、できるだけ多くの収入を自分の手で確保したいと考えていたようだ。

 

アメリカ独立戦争
アレクサンダーの事業の一つに、アメリカ独立戦争のために英国王ジョージ3世の補助部隊を雇って収入を得るというものがあった。アレクサンダーは、1,644人の傭兵からなる「フランク軍」の名目上の指揮権を持っていたが、1783年に祖国に戻ったのは1,183人に過ぎなかった。侯爵はさらに軍隊をオランダに貸与した。これらの収入で、王位継承時(1757年)に500万ギルダーに達していた公国の借金を返済した。その34年後の退位時には、公国の負債はわずか150万ギルダーとなった。


 

基準価格がMS63で3,300ドルあります。
非常にお買い得な1枚です。

NGC社の鑑定済コインは、2枚
その中でトップグレード残存1枚です。

2人の統治者がデザインされている珍しい金貨です。

関連記事
Comment





Comment