toggle
2022-01-28

スパニッシュ・ネザーランド フランダース 1657年 フィリップ4世 1ソブリンドール金貨 NGC-MS62

スパニッシュ・ネザーランド フランダース 1657年 フィリップ4世 1ソブリンドール金貨 NGC-MS62

 

 

 

 

 

 

1657年発行

発行枚数不明

NGC社鑑定済み3枚、MS62でトップグレードです。

 

 

 

 

重量:5.52グラム


表面:王冠をかぶり、武装したライオンが地球儀に前足をかけている。



裏面:紋章の盾



フィリップ4世

 

 

在位 フランス王:1285年 – 1314年11月29日
ナバラ王:1284年 – 1314年11月29日
シャンパーニュ伯1284年 – 1305年

 

 

 

別号 ナバラ国王、シャンパーニュ伯

 

 

 

出生 1268年4月/6月
フランス王国、フォンテーヌブロー、フォンテーヌブロー宮殿

 

 

 

死去 1314年11月29日(46歳没)
フランス王国、フォンテーヌブロー、フォンテーヌブロー宮殿

 

 

 

埋葬 フランス王国、サン=ドニ大聖堂

 

 

 

配偶者 ナバラ女王フアナ1世

 

 

 

家名 カペー家
王朝 カペー朝

 

 

 

父親 フィリップ3世
母親 イザベル・ダラゴン

 

 

 

宗教 キリスト教カトリック教会


フィリップ4世の治世は中世ヨーロッパ王権における一つの転換期となっており、それまで普遍性を主張してきたローマ教皇や神聖ローマ皇帝の権威が相次いで衰退した時期にあたる。

 

 

 

フィリップ4世はこれらに代わって君主権の強化をはかり、従来の聖職者に代えて「レジスト」と称される世俗の法曹家を官僚に採用するなど官僚制度の強化に努め、中央集権化を進めて近代的な国家形成の先がけとした。

 

 

 

教皇のアヴィニョン捕囚(教皇のバビロン捕囚)やテンプル騎士団の解散など従来の教会権力に対し、強大なフランス王権の存在を誇示したが、最晩年には国王に対する封建諸侯の反動が起こり、イングランド王との領土問題も未解決のまま残され、後代に課題を残した。


1657年発行

発行枚数不明

NGC社鑑定済み3枚、MS62でトップグレードです。

 

 

 

 

重量:5.52グラム

 

 

 

稀少性、デザイン

ともに高水準のためオークションでも非常に人気のコインです。

関連記事
Comment





Comment