toggle
2022-02-05

グレートブリテン 1685年 ジェームズ2世 1ギニー金貨 NGC-AU53

グレートブリテン 1685年 ジェームズ2世 1ギニー金貨 NGC-AU53

 

 

 

 

 

1687-88年発行

発行枚数不明

 

 

 

NGC社鑑定済み6枚、トップ2グレードです。

 

 

 

重量:8.35グラム

品位:91.7%金


表面:ジェームズ2世の肖像



裏面:王冠と盾の紋章



基準価格不明

 

GOLD COINS of the WORLDでは

VF           3250ドル

EF           12000ドル


ジェームズ2世 (ジェームズ7世)

 

イングランド・スコットランド・アイルランドの王。

 

 

 

3王国にとってジェームズは、歴史上最後のカトリック信仰を有する国王となった。

 

 

 

17世紀のイングランドにおいて、王がカトリックを信仰することは、イングランド固有の法と伝統の破壊者、そして絶対王政を布く暴君といった烙印を押されることを意味した。元々イングランド人はカトリックを好んでいなかったが、ルイ14世のカトリック寄りの政策は、カトリックが王につくと議会・法を無視して絶対王政に走るという偏見を助長した。

 

 

 

ジェームズがカトリックを信仰したことは当時のイングランドにとって由々しき問題であった。

 

 

 

1677年(ジェームズ44歳)、ジェームズは長女のメアリーをプロテスタントの甥オラニエ公ウィレム3世に娶せたが、これは国内の反カトリック圧力を受けてのことであった。

 

 

 

こうした妥協にもかかわらず、チャールズ2世妃キャサリンが流産してジェームズの王位継承が現実味を帯びてくると、カトリックへの敵意は収まらなかった。

 

 

 

1678年には陰謀の捏造騒ぎがおこり、ロンドンは反カトリックの集団ヒステリー状態に陥った。議会ではジェームズの王位継承を阻もうとする王位排除法案が3度にわたって提出され上下両院で紛糾したが、チャールズ2世の機転でこの法案は廃案となった。


在位 1685年2月6日 – 1688年12月1日

 

 

戴冠式 1685年4月23日

 

 

別号 アイルランド王
グレートブリテン王(非公式)
ノルマンディー公

 

 

出生 1633年10月14日
イングランド王国、セント・ジェームズ宮殿

 

 

死去 1701年9月16日
フランス王国、サン=ジェルマン=アン=レー城

 

 

埋葬 フランス王国、サン=ジェルマン=アン=レー城

 

 

配偶者 アン・ハイド
メアリー・オブ・モデナ

 

 

家名 ステュアート家
王朝 ステュアート朝

 

 

父親 チャールズ1世
母親 ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス


1687-88年発行

発行枚数不明

 

NGC社鑑定済み6枚、トップ2グレードです。

 

 

重量:8.35グラム

品位:91.7%金

 

 

即位期間が短いなジェームズ2世の貴重な金貨です。

 

アンティークでありながら非常に良い状態を保っており、NGC社鑑定でトップグレードです。

関連記事
Comment





Comment