toggle
2020-07-26

ハンガリー 1765-KB年マリア・テレジアダカット金貨PCGS-MS61

ハンガリー 1765-KB年マリア・テレジアダカット金貨PCGS-MS61

 

 

ハンガリー王

M · THER · D · G · R · I · – G · H · B · R · A · A · D · B · C · T

マリア・テレジアが右向きに立ってミントマークKBを分割します

PATRONA · REGNI · – HUNGARIÆ・1765

右側に子供とマドンナ

 

3.47グラム

直径22ミリ

 


ウイキペディアより

マリア・テレジア・オブ・ボヘミア (独: Maria Teresia of Bohemia, 1717年5月13日 – 1780年11月29日)は神聖ローマ帝国のローマ皇帝カール6世の娘で、ハプスブルク=ロートリンゲン朝の同皇帝フランツ1世シュテファンの皇后にして共同統治者、オーストリア大公(在位:1740年 – 1780年)、ハンガリー女王(在位:同じ)、ボヘミア女王(在位:1740年 – 1741年、1743年 – 1780年)で、ハプスブルク帝国の領袖であり、実質的な「女帝・天帝」として知られる。

オーストリア系ハプスブルク家の男系の最後の君主であり、彼女の次代から、つまり子供たちの代からが正式に、夫の家名ロートリンゲン(ロレーヌ)との複合姓(二重姓)でハプスブルク=ロートリンゲン家となる。なお、マリア・テレジア本人が好んで使用した称号(サイン)は「Königin(女王)」と「Kaiserin(皇后)」の頭文字を取った「K.K」であり、以後のハプスブルク家で慣例的に用いられるようになった。

 


神聖ローマ帝国の皇帝で、超良血血統であり名家ハプスブルグ家のマリア・テレジアの金貨です。

PCGS社鑑定は、MS61はトップ2グレード2枚のみです。

 

関連記事
Comment





Comment