toggle
2020-09-12

イタリア ローマ教皇ピウス7世 ゴールド・ドッピア (1817) MS63 PCGS

イタリア ローマ教皇ピウス7世 ゴールド・ドッピア (1817) MS63 PCGS

 

発行:1817年

直径:22ミリ

 

ドッピアは18世紀中頃まで使用されたイタリア通貨の単位です。

PCGS社鑑定済みが5枚で、MS63は2枚です。


表面

表面には雲の上に立っている聖ペテロのが描かれています。


表面拡大図

 

表面文字:PRINCHPS APOSTOLORUM


裏面

裏面に描かれているのは教皇ピウス7世のエンブレムです。


裏面拡大図

 

裏面文字:P M A ⅩⅧ PIVS Ⅶ


ピウス7世

教皇就任:1800年 3月14日
教皇離任:1823年 8月20日
先代:ピウス6世
次代:レオ12世

本名 ジョルジョ・バルナバ・ルイジ・キアラモンティ
出生 1742年8月14日 教皇領、チェゼーナ
死去 1823年8月20日(81歳没)教皇領、ローマ

 

ウィキペディアより


ピウス7世は18世紀で活躍したローマ教皇です。

同じ時代を生きた人物としてはフランスのナポレオンがいます。

 

彼は教皇の権威を政治的に利用していたナポレオンと対立し、一時期は北イタリアのサヴォーナに監禁

されましたが、ナポレオンが退位した後にはローマへ戻り、市民は教皇の帰還を喜びました。

 

また、ナポレオン没落後には一族をローマに匿い、セントヘレナ島に流されたナポレオンのために司祭

を派遣するなどの一面も見せています。


デザイン、形、品質どれも高水準であり、鑑定済み枚数も少ないため非常に稀少な

イタリアの金貨だといえるでしょう。

関連記事
Comment





Comment