toggle
2020-06-09

6/9新規商品 グレートブリテン2017年エリザベスII世ハウスオブウインザー100周年5ポンドプルーフ金貨NGC-PF70UCAM箱付き

グレートブリテン2017年エリザベスII世ハウスオブウインザー100周年5ポンドプルーフ金貨NGC-PF70UCAM箱付き

エリザベス女王の5ソブリン金貨

現存最高グレードのPF70UCAMです。
5ポンド(5ソブリン)金貨
重量 39.9400g
品位 金 0.9170

直径38.61ミリメートル
発行枚数884枚
デザイナー Timothy Noad ティムノアドです。

TNのロゴが入ります。

 


ティムは30年以上、書道家、照明器具、紋章のプロとして活躍してきました。

彼はエレガントで細心の注意を払った作品で国際的な評価を得ており、伝統的および現代的な技術と素材の両方に関する徹底的な知識と、紋章学、象徴主義、歴史的様式、自然史の深い理解を組み合わせています。

ロンドン中心部の西にあるミドルセックスを拠点とするティムは、主にカーフスキンのベラムをベースにした、書道や照明付きの正式な文書や巻物を専門としています。

ティムは1986年にライゲートスクールオブアートでファーストクラスの卒業証書を取得して以来、ロンドンのHMカレッジオブアームズで働いています。

ここで彼は、腕と血統の付与と王立ビクトリア朝注文の失速皿など、さまざまなクライアントと目的のための紋章のデザインのペイントと執筆を担当しています。

特に紋章については、ティムの作品の画像が頻繁に掲載されているウェブサイトwww.collegeofarms.gov.ukを介して、
カレッジオブアームズのヘラルドインウェイティングに連絡してください。

ティムは、貴族院のHMクラウンオフィスの書記でもあり、
多くの重要な書簡特許を実施しています。

これらは、エリザベス2世女王によってまたはその代理として発行された公式文書であり、ライトアップされたロイヤルチャーターズ、貴族院と最高裁判所への任命、およびウィリアム王子とキャサリンミドルトンの結婚に関する陛下の同意を含みます。


wikipediaより

ウィンザー家(House of Windsor)の元の家名(王朝名)はサクス=コバーグ=ゴータ家(House of Saxe-Coburg-Gotha)といった。これはヴィクトリア女王の夫(王配)アルバートの家名(その英語形)であった。アルバートはドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世の息子であったが、この家系からはベルギー、ブルガリア、ポルトガルの王家も出ている。

第一次世界大戦中の1917年、ジョージ5世は敵国ドイツの領邦であるザクセン=コーブルク=ゴータ公国の名が冠された家名を避け、王宮のあるウィンザー城にちなんでウィンザー家と改称し、かつ、王家は姓を用いないとの先例を覆してウィンザーを同家の姓としても定めた。

そのため、1917年以降は現在の女王エリザベス2世にいたるまでをウィンザー朝と称し、かつ、その構成員(ジョージ5世の直系および存命の叔父コノート公アーサーの系統)は(必要がある場合には)ウィンザーの姓を用いる。

 

ただし、ヴィクトリア女王の血統が断絶したわけではないので、いずれもハノーヴァー朝の継続と見なされることがある。

ハノーヴァー朝以来代々の王位継承者の配偶者はドイツ人やドイツ系の王族が迎えられることが多かったが、エドワード8世がアメリカ人女性ウォリス・シンプソンとの結婚問題から退位し、代わって王位に就いたジョージ6世の妃エリザベスはグレートブリテン王国成立以降で初の同国出身の王妃となった。現王太子チャールズの元の妃ダイアナ、現在の妃カミラもまた同国出身である。

 

 


表面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

首の部分のJ.Cのイニシャルが入ります。

Jody Clark

生年月日: 1981年3月1日

エリザベス2世の第5番と最新の肖像画をデザイン

画像は2015年のモデルです。

http://agaunews.com/after-18-years-the-coin-effigy-of-queen-elizabeth-ii-changes-to-the-fifth-incarnation/より引用



トップグレードになります。

第5世代のエリザベスの肖像は、とても人気があり売り切れの

モデルが多いです。

 

最高鑑定トップ70グレード

優れたデザイン

1オンスプルーフ

単年度発行モデルと人気のコインの要素が多いです。

 

箱付きです。

画像は同グレード個別番号です。

関連記事
Comment





Comment