toggle
2020-07-02

1970年フランス試鋳貨プラチナ貨5フランNGC-PF69

1970年フランス試鋳貨プラチナ貨5フランNGC-PF69


帽子をかぶった女性
デザイナー オスカル・ロティの傑作

メダルの彫刻家オスカー・ロティがフリジア帽を被るマリアンヌを描いた「種を蒔く人」として有名です。。

19世紀末のフランから現在のユーロまで、約1世紀以上もの間、フランスの硬貨にデザインされ続けており、時代を越えて愛され続けているフランスを象徴するコインです。

オスカル・ロティ(1846年6月11日-1911年3月23日)は、アールヌーボー時代の最も有名なメダリストの1人でした。

ロティは、シャンプラン、アレクサンドルシャルパンティエなど、アールヌーボー運動の影響を受けて、
メダルデザインにおける芸術の復活を推進しました。特に、ロティは、ルネサンス形式のプラケットで、芸術作品としてのメダルの重要性をさらに強調しました。
彼は優美なデザインで称賛された数百のメダルをデザインしました。

ウイキペディアより

 

キャリアの早い段階でいくつかの困難を経験した後、1882年にロティはローマ賞で2位を獲得しました。
この成功の後、1875年のローマグランプリや1889年のパリ万国博覧会でのグランプリなど、他の多くの人がこれに続きました。

彼は1888年にアカデミーデボザールの教授に任命され、1897年にその責任者に就任しました。
1889年に彼はレギオンオブオナーの役員になり、1900年にキャマンダーに昇格しました。

彼のキャリアの最盛期に、彼は1905年にサロンで名誉勲章を授与されました。
1878年にオスカーロティは鍛造家の娘、マリーブーランジェと結婚しました鉄職人のピエール・ブーランジェ。

膨大な数のメダルとプラケットに加えて、ロティはフランスの銀貨と切手に描かれた「セムーズ」のイメージのデザイナーとしても有名です。

彼のメダルアートは、ヨーロッパのほぼすべての美術館で見ることができます。
彼のメダルとプラケットの多くは、ハンブルク美術館とフランスのジャルゴーにあるオスカーロティ美術館で見ることができます。

 

ウイキペディアより

 


5フランと年号


フランス

1970年の試鋳貨プラチナ です。

直径 28ミリ
重さ 46.9グラム

グレード

PF69 NGC社
発行枚数 100枚

トップグレード 残存2枚です。

 

最高に稀少な、1枚です。
最高グレードで、2枚です。

今回を逃すと、ほぼ入手出来ない、希少コインです。

最近、フランスの試鋳貨の値上がり傾向があります。

オススメの激レアハイグレードです。

関連記事
Comment





Comment