toggle
2020-07-26

ハンガリー 1693-KB年レオポルト1世ダカット金貨PCGS-MS64

ハンガリー 1693-KB年レオポルト1世ダカット金貨PCGS-MS64

 

 

ハンガリー王

レオポルド1世 LEOPOLD: D: G: R – S: A: G: H: B: R E X. レオポルド1世が右向きに立ってミントマークKBを分割します

AR・AV・DV・BV・M・-MOCO・TY・1693

右側に子供とマドンナ

 

3.5グラム

直径22ミリ

 


ウイキペディアより

レオポルト1世(Leopold I., 1640年6月9日 – 1705年5月5日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(在位:1658年 – 1705年)、オーストリア大公、ボヘミア王、ハンガリー王(在位:1655年 – 1705年)。ハプスブルク家の皇帝で、フェルディナント3世と皇后でスペイン王フェリペ3世の娘マリア・アンナの成人した2番目の息子。優れた作曲家でもあり、バロック大帝とも呼ばれた。

治世中は三十年戦争で衰退した領土を受け継ぎ、全盛期のフランスとオスマン帝国に圧迫されて苦戦を強いられたが、やがてオスマン帝国からハンガリー・トランシルヴァニアを奪取して東に領土を拡大、ハプスブルク家の大国復興の足がかりを築いた。また、ジギスムント・フランツ大公からチロルを相続した。

 


神聖ローマ帝国の皇帝で、超良血血統であり名家ハプスブルグ家のレオポルト1世の金貨です。

PCGS社鑑定は、このコインしか無く、当然ながら最高鑑定でたった1枚のみです。

 

関連記事
Comment





Comment