toggle
2020-10-19

【トップグレード残存1枚】ドイツ1ダカット金貨 German States Bavaria. Maximilian II 1855-PCGS-MS64

【トップグレード残存1枚】ドイツ1ダカット金貨 German States Bavaria. Maximilian II 1855-PCGS-MS64

ドイツ
統治者はMaximilian II

1855年の1ダカット金貨です。


重量 3.49グラム
98.6% 金 残り銀その他
直径20ミリ

発行枚数1,540枚


 

グレード
MS-64 PCGS

基準価格
VF20 1,000ドル
XF40 1,500ドル
MS60 2,100ドル


 

表の文字
MAXIMILIAN II KOENIG V BAYERN


 

裏の文字
EIN DUCATEN 1855


表面は、マクシミリアン2世です。

ウイキペディアより
マクシミリアン2世は、バイエルン王国の第3代国王。第2代国王ルートヴィヒ1世の長男。全名はマクシミリアン・ヨーゼフ。 1811年11月28日、ルートヴィヒ1世とその妃であったザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒの娘テレーゼの間に第一子としてミュンヘンで生まれた。


マクシミリアン2世(ドイツ語:マクシミリアン2世。 ; 1811年11月28日– 1864年3月10日)は、1848年から1864年の間にバイエルン国王として君臨しました。

マクシミリアン2世
MaximilianII-Bayern.jpg

ユリウス・ツィマーマン(1824–1906)
バイエルン国王
治世
1848年3月20日– 1864年3月10日


前任者
ルートヴィヒ1世

後継
ルートヴィヒ2世

生まれ
1811年11月28日
ミュンヘン、バイエルン

死亡
1864年3月10日(52歳)バイエルン州

配偶者

プロシアのマリー


彼の父であるルートヴィヒ1世と息子のルートヴィヒ2世とは異なり、「キングマックス」は非常に人気があり、個人的な贅沢よりも政府の事業に大きな関心を持っていました。

1848年のドイツ革命の間に王位に就いたマクシミリアン王は、王国の安定を回復しました。彼の治世の残りの部分は、ドイツ統一の戦争中にバイエルンの独立を維持し、彼の首都ミュンヘンを文化的および教育的な都市に変えようとする試みによって特徴づけられました。


裏面は王冠とライオン、紋章などがバランスよく配置されています。

http://www.kyt-net.jp/~bayernbrass/wappenBayern.htmより

左上の、黒地に金色のライオンは、もともとラインのパラティン伯爵のシンボルでした。
1214年にバイエルン公爵ルトウィクが選帝侯領地を与えられ、その後
数世紀の間、ババリアと、ヴィッテルスバッハ家のシンボルとして使われました。オーバープファルツ地方(州北東部)を表しています。

右上の、赤と白で塗分けたエリアは、1350年ビュルツブルクの主教職の権力紋章として出現しました。フランケン地方(州北西部)の管理領域を表しています。

 

左下、白地に青いヒョウ(金の爪)は、ヴィッテルスバッハ家に採用されるまではオーテンブルクのパラティン伯の紋章でした。
今日、バイエルン地方(州中央・東部)領域を表しています。

 

右下、金地に3頭の黒いライオン(赤い爪)は、旧スワビア公爵、ホーヘンスターフェンの紋章で、シュヴァーベン地方を表しています。

 

白と青の中心部は、もとはボゲン伯爵の紋章で、1247年にヴィッテルスバッハ家家紋として採用されました。これは、バイエルンの象徴で、今日もバイエルン全体を象徴しています。
また、バイエルン州旗として公式に使われています。


 

PCGS社の鑑定で残存1枚の
最高グレードです。PCGS社での鑑定コインはトータルで2枚しかありません。

 

MS64グレードは、まるで新品のような輝きがあり、まるでプルーフ仕上げのような鏡面に見えます。

まさに、アンティークコインの王道と言えるような、

王の肖像、紋章が描かれています。

 

関連記事
Comment





Comment