toggle
2021-02-12

グレートブリテン エドワード4世(第1代、1461~1470)ゴールド・ロイヤル(ローズノーブル)ND(1469~1470)NGC-MS63

グレートブリテン エドワード4世(第1代、1461~1470)ゴールド・ロイヤル(ローズノーブル)ND(1469~1470)NGC-MS63

発行:1469年~1470年

直径:34ミリ

重量:7.71g

統治者:エドワード4世

NGC社鑑定済みが1枚でもちろんトップです。


表面


タワーミント、ロングクロス・フィッチェーmm、ライトコイネージ、S-1951年、N-1549年、シュナイダー375 var. 7.71gm。小さなトレフォイルが付いたバラエティ。

 


ЄD | : | • WΛRD’ DI • GRΛ RЄX ΛnGL’ • Z (retrograde) • FRΛnC • | • DnS’ IB’


エドワード、戴冠、船内に向き合って立つ、左手に盾、右手に剣;船尾に旗、船体に大きな薔薇/(ロングクロスフィッチー)


表面拡大図


表面 :剣と盾を持つ船上のエドワード4世


裏面


IhC’ – ΛVT’ – TRΛnSIALSIRLu_ NS – PleasesLu_ R – mleasesLu_ – DIVm – ILLORVm. I – BΛT


花柄の十字架の上に放射状の太陽の中で上昇し、角度でライオンを戴冠し、すべてのポリローブ内にスパンドレルの小さなトレフォイルを持つ。

 

 


裏面拡大図


裏面:王家の紋章である薔薇が描かれています。


10シリングの価値があるライアルは、1464年に大陸での金価格の高騰に対応するために導入されました。

 

金貨の価値がイングランドよりもヨーロッパ大陸の方が高かったため、利益を目的とした大量の金貨輸出が行われ、深刻な金不足に陥りました。そのため、イングランドはノーブルの価値を6シリング8ペンスから8シリング4ペンスに引き上げ、より大きな取引のための丸みを帯びた額面として新しいロイヤルが導入されました。

 

しかし、ビジネスが6シリング8ペンスの金額を扱うことに慣れていたため、10シリング4ペンスはすぐに不人気となり、最終的には1470年に廃止されました。

 

 

そのため、現存する例は非常に少なく、特に保存状態の良いものはほとんどありません。ストライクの全体が驚くべきディテールで表現されています。

 

 


エドワード4世 (イングランド王)

在位:1461年3月4日 – 1470年10月3日(廃位)
1471年4月11日 – 1483年4月9日(復位)

戴冠:1461年6月28日

7.71グラムの金貨です。

この時代のコインは、彫金師がハンマーで打って制作しています。

1点ものの、ほぼ彫刻のような金貨ということです。

ノーブル金貨は、1327年のエドワード3世の時代に登場しています。


英国の歴史的な価値がとても高い、550年前の金貨です。

NGC社鑑定済コイン1枚

最高グレードの1枚です。
人気の高いイギリスの金貨であり、非常に良い状態で保たれています。

入手が難しいですが持っていると間違いなく誇れる一枚です。

関連記事
Comment





Comment