toggle
2021-02-20

グレートブリテン 2019年 エリザベス2世 100ポンドプルーフブリタニア金貨NGC-PF70UCAM

グレートブリテン 2019年 エリザベス2世 100ポンドプルーフブリタニア金貨NGC-PF70UCAM

限定150セットから1オンスのみを鑑定に出した1枚です。



100ポンド金貨

重量31.21グラム

直径32.69ミリ


100ポンド金貨(1オンス)はこのセットを含めた発行枚数が175枚と驚異的な少なさ。

同じ100ポンド展開がある007シリーズの約半分の少なさです。
この100ポンド金貨を手にするだけでも十分な価値があると言えるでしょう。


コインの肖像は、ライオンとブリタニア

デザイナー David Lawrence


毎年発行される大人気のブリタニアシリーズ。
2019年は大人気のウナとライオンを彷彿とさせる女神(ブリタニア)とライオンが描かれた力強いデザインが特徴です。


ブリタニアコインの美しさと芸術性は、それ自体がよく物語っています。2019年のデザインのデザイナーであるアーティストのデイビッドローレンスに聞きました。

2018年のリバースデザインもデザインしたので、ブリタニアが誰で、何であるかをよく理解しているのは当然のことです。


「ブリタニアはランドマークのようなものです」

デビッドローレンスは、36年間イラストレーターであり彫刻家であり、油絵を含む多くの分野で働いています。

近年、彼は歴史的意義のあるプロジェクト、つまり再建、美術館のスペース、コインのデザインに夢中です。


おそらくこれは部分的にはバースの影響である。彼が故郷と呼ぶ街バースには2017年に引っ越した。

「この素晴らしく歴史的な街の宝石のような明るい光は、年老いた私には、素朴な人里離れた場所よりも魅力を持っています」と彼は冗談を言いました。


2018年と2019年のブリタニアコインのリバースイメージを同時にデザインしたデビッドは、まず何年にもわたってブリタニアが長年にわたってどのように解釈されてきたかを見て、状況を理解し、以前のアイデアを繰り返すことを避けました。

「近年のデザインは非常に現代的な感じがしていることを私は見た」と彼は言った。


「だから、もっと違うものになりたいので、もっと伝統的なルートを探索するのは面白いかもしれないと思いました。

1817年の象徴的な William・Wyon Britanniaウィリアム・ワイオンブリタニアと1817年のPistrucciピストルッチのセントジョージとドラゴンがずっと好きでした。


毎年恒例のソブリンコインのことも思い出しました。ジョンフラックスマンのウェッジウッドジャスパーウェアのエレガントなデザインも思い浮かびました。

ギリシャのレリーフ彫刻を基にした美しい流れるようなフォルムです。


これらすべての影響を受けて、ダビデは古典的なギリシャの彫刻の観点からブリタニアを検討しました。

彼はインスピレーションを得るためにヘルメット、ライオン、シールドの画像を収集し、家族からの支援も募りました。


「私の継娘は、コーヒーテーブルの上に立ってベッドシーツに包まれ、ほうきの柄を押しながらカメラでクリックして離れ、彼女の周りに命じ、彼女をさまざまな高貴で英雄的なポーズにさせました」とDavidは説明します。

「そこからは、うまくいったものの順列を調べて、うまくいかなかったものを破棄するという単純なケースでした。


2つの主要な行、つまり完全な図と頭のクローズアップを探索する価値があると思いました。

全部で10の完成したデザイン…ある意味で、多くの作業が未使用のままであるのは残念ですが、それがデザインの性質であり、良い結果を得る唯一の方法です。」

「私は2つの主要なラインを探検する価値があるかもしれないと思いました:完全な図および頭部の拡大。」


デビッドのデザインを見て、ブリタニアが表向きは夜明けに向かって東向きに見えていることに気づきました。

これが意図的なものかどうか、特定の意味があるかどうかをDavidに尋ねました。

「ブリタニアはワイオンのデザインのために東向きです」と彼は説明した。


「私には無意識のうちにそれが唯一の自然なポーズのように思われました。

なぜ彼はこの側面を選んだのでしょうか?おそらくブリタニアは夜明け、昇る太陽、新しい地平線、そしてこれから起こるすべてに直面しているのでしょうか?


それにもかかわらず、デイビッドはこの何世紀も前のイギリスのアイコンの彼の解釈に貢献できることを楽しんだと言った。

「それは非常に楽しい仕事だった」と彼は言った。

「もちろん、もちろん名誉もあります。コインのデザインに自分の作品を使用することで、特定の「不死」を得ることができ、ブリタニアほど名声のあるデザインはありません。」


肖像面は、ジョディークラークデザインのエリザベス2世

肖像面がエリザベス女王でデザイナーは、Jody Clarkです。

首の部分のJ.Cのイニシャルが入ります。

Jody Clark

生年月日: 1981年3月1日

エリザベス2世の第5番と最新の肖像画をデザイン


画像は2015年のモデルです。
http://agaunews.com/after-18-years-the-coin-effigy-of-queen-elizabeth-ii-changes-to-the-fifth-incarnation/より
引用

24金で99.99%金もこのブリタニアシリーズの大きな特徴です。


ブリタニアシリーズは1987年から続くイギリス金貨の定番シリーズです。

その中でも人気のウナとライオンシリーズを彷彿とさせる女神とライオン施された年度のデザインは人気が高くなっています。

ですので、今回の2019年ブリタニアも美しいデザインと発行枚数の少なさから将来は入手困難で値上がりは必須でしょう。

わずか150枚セットしかなく、ロイヤルミントで完売商品です。


NGC社-PF70UDCAM

残存8枚の激レアです。

 

関連記事
Comment





Comment