toggle
2022-03-04

アンティークコイン イタリア 1610-20年 ラヌッチョ1世 2ドッピア金貨 NGC-AU53

アンティークコイン イタリア 1610-20年 ラヌッチョ1世 2ドッピア金貨 NGC-AU53

 

 

 

 

 

統治者

ラヌッチョ1世

 

 

 

発行年

1599-1622年発行

 

 

 

重量:13.07グラム

品位:99.15%金

 

 

 

発行枚数 不明

 

 

 

NGC社鑑定枚数不明

おそらく1枚のみです。


表面


ラヌッチョ1世の肖像



メスの狼


ラヌッチョ1世

在位 1592年 – 1622年

 

 

出生 1569年5月28日
パルマ
死去 1622年3月5日(52歳没)

 

 

配偶者 マルゲリータ・アルドブランディーニ

 

 

家名 ファルネーゼ家

 

 

父親 アレッサンドロ・ファルネーゼ
母親 マリア・デ・ポルトゥガル


ラヌッチョが11歳の時、ポルトガル王エンリケ1世が後継者を指名しないまま没し、王位継承問題が起こった。

 

 

ラヌッチョの母マリーアはマヌエル1世の六男であるギマランイス公ドゥアルテの娘であるため、ラヌッチョには王位継承権があった。

 

 

しかし、父アレッサンドロはスペイン王フェリペ2世の臣下であることを考え、この諍いには息子を名乗り出させなかった。母の妹ブラガンサ公爵夫人カタリナは非常に野心的でこの継承争いに名乗りを上げたが、継承には失敗した。

 

 

ラヌッチョ1世の治下、公国はコロルノ、サラ・バガンツァ、モンテキアルゴロを併合した。彼は首都パルマの文化革新を進め、4500席を有するファルネーゼ劇場を建設させた。

 

 

他にパルマ大学の後援、首都を囲む城壁の最後の拡張をおこなった。ファルネーゼ家の住まいであるピロッタ宮殿は、1620年に完成している。

 

 

ラヌッチョは冷酷な圧制者として知られ、自分に敵対していると疑った100人以上のパルマ市民を公開処刑に処したことが知られている。その死後、息子オドアルドが摂政オドアルド枢機卿(ラヌッチョの弟)の名の下で公位を継承した。


重量:13.07グラム

品位:99.15%金

 

 

 

発行枚数 不明

 

 

 

NGC社鑑定枚数不明

おそらく1枚のみです。

 

 

 

アンティークコインにも関わらず高品質で、非常に価値の高いアンティークコインです。

関連記事
Comment





Comment