toggle
2020-10-13

グレートブリテン 1885年 ビクトリア 国際発明博覧会記念メダル PCGS-SP63

グレートブリテン 1885年 ビクトリア 国際発明博覧会記念メダル PCGS-SP63

 

 

発行枚数不明

PCGS社鑑定済み1枚 SP63

最高グレードです。

 

重量:41.24グラム

直径:45.5ミリ

 

デザイナー:L.C.ワイオン


国際発明博覧会(International Inventions Exhibition)は、1885年にサウスケンジントンで開催された万国博覧会です。

万国博覧会の後にサウスケンジントンで開催された一連の博覧会と同様に、ヴィクトリア女王が後援者となり、その息子のアルバート・エドワード(プリンス・オブ・ウェールズ)が組織委員会の会長を務め、5月4日に開幕し、6ヶ月後の閉幕時には3,400万人の来場者が訪れました。

参加国には、オーストリア・ハンガリー、イタリア、日本、米国、および開催国の英国が含まれており、魅力的な庭園、噴水、音楽、発明品などが展示され、ベルギーの古い楽器を含む一連のコンサートが行われました。

その他の歴史的な展示物としては、ニセフォール・エニプスの描いた5枚のヘリグラフなどがあります。

 

展示会で授与された金メダルの証明書の1つ

 



レナード・チャールズ・ワイオン

 

デザインを手掛けたレナード・チャールズ・ワイオンは、ヴィクトリア朝時代のイギリス人彫刻家です。

1887年のヴィクトリア女王のゴールデン・ジュビリーのために鋳造された金貨と銀貨、1860年のブロンズ硬貨には、1860年から1894年まで使用されていた肖像画が描かれていることで最も注目されています。

 

<経歴>
彫刻師長ウィリアム・ワイオンと妻キャサリン・ソフィアの長男であるレナード・チャールズ・ワイオンは、1826年に英国王立造幣局のある家に生まれ、マーチャント・テイラーズ・スクールで教育を受けました。

L.C.ワイオンの父親は彼に芸術を教え、また父親からは金型彫刻の優れた技術も受け継いでいました。16歳の時にはすでにいくつかのメダルを制作しており、初期の作品のいくつかは大英博物館の貨幣コレクションに展示されています。

 

彼は1843年に初めてロイヤル・アカデミーで展示会に参加した。1844年からはロイヤル・アカデミー・スクールで学び、同年、18歳の時にロイヤル・ミントで父親の下で二等彫刻師となりました。

1850年にはヴィクトリア女王から王室の子供たちのメダリック肖像画の制作を依頼され、1851年には万国博覧会のメダルの裏面を描きました。


発行枚数不明

PCGS社鑑定済み1枚 SP63

最高グレードです。

 

非常に良い品質を保っており、重量41.24g、直径45.5mmと重厚感のあるメダルとなっています。

人気の高いビクトリアが肖像面に描かれており、魅力的な一枚となっています。

 

関連記事
Comment





Comment