toggle
2021-11-13

スペイン ペドロ1世 (1350-1369年) 35マラベディ・ドブラ金貨 NGC-MS63

スペイン ペドロ1世 (1350-1369年) 35マラベディ・ドブラ金貨 NGC-MS63

 

 

 

 

セビリア造幣局

 

 

スペイン
統治者は PedroⅠ(ペドロ1世)

 

 

1350-1369年の金貨 です。


発行枚数 不明枚

 

 

重さ 4.5グラム

品位 98.6%金

 

 

NGC社鑑定枚数6枚、

グレード MS63でトップ2グレードです。



表面  半身の王の胸像



基準価格 不明
Gold Coins of the Worldの基準価格がEFグレードで

5,000ドルです。

 

 

基準価格は、更新されておらず、実際の相場価格を

大きく下回っています。


裏面 紋章



Image

在位 1350年 – 1366年、1367年 – 1369年

 

 

出生 1334年8月30日

カスティーリャ王国、ブルゴス

 

 

死去 1369年3月23日(34歳没)

カスティーリャ王国、トレド、モンティエル

 

埋葬

カスティーリャ王国、セビリア大聖堂王室礼拝堂

 

 

配偶者 ブランシュ・ド・ブルボン
フアナ・デ・カストロ
(愛妾)マリア・デ・パディーリャ

 

 

家名 ボルゴーニャ家
王朝 ボルゴーニャ朝

 

 

 

父親 アルフォンソ11世
母親 マリア・デ・ポルトゥガル

 

 

 

宗教 カトリック


ペドロ1世の戦いはカスティーリャ王室と対立する貴族階級との戦いであり、

彼はエンリケに負けたのではなく貴族階級に負けたのだといわれている。

 

 

 

貴族達は自分達にとって都合の悪いペドロ1世を排除し、自分達に従順な王朝、トラスタマラ王朝を擁立したのであった。

結果的に彼の貴族たちを押さえつけようとした政策が裏目に出たこととなる。

ペドロ1世の悪評の大部分は、反乱に勝利した彼の敵たちにより作られたものであると見られている。

 

 

 

ペドロ1世の治世下ではカスティーリャ王国は治安が良く、その恩恵を受けていた商人達はペドロ1世の没落を惜しんだとされている。

ペドロ1世に好意的な人々は、彼は単に法律に従わない、あるいは他人の権利を尊重しない者たちを殺しただけであるとした。

後の世になって評価は見直され、その公正さから「正義王」という別名がつけられたのであった。

 

 

 

王家は交代したが、これはカスティーリャ王室と貴族階級との長年にわたる勢力争いの第1幕の終わりでしかなかった。

王室と貴族階級との勢力争いはさらに2世紀近くも続き、16世紀初頭のカルロス1世の時代になってようやく終わりを告げる。


発行枚数 不明枚

 

 

重さ 4.5グラム

品位 98.6%金

 

 

NGC社鑑定枚数6枚、

グレード MS63でトップ2グレードです。

 

 

 

アンティークでありながら非常に良い状態を保っており、

コレクション、資産運用どちらの用途でもオススメの一枚です。

関連記事
Comment





Comment