toggle
2022-08-06

アンティークコイン フランス カンブレー 1357年 ピエール4世 ロイヤルドール PCGS-AU55

アンティークコイン フランス カンブレー 1357年 ピエール4世 ロイヤルドール PCGS-AU55

 

 

 

 

 

統治者 ピエール4世

 

 

 

1349-1368年 発行

発行枚数 不明 枚

 

 

 

重量:約3.37グラム

 

 

 

PCGS社鑑定枚数1枚、AU55でトップグレードです。



表面
ゴシック様式の天蓋の下、王冠をかぶり、花柄の杖を持った司教が立っている



裏面

十字架と百合



基準価格不明

 

GOLD COINS OF THE WORLDでRare判定です


カンブレーは、フランス、ノール県のコミューン。

 

カンブレーにはカンブレー大司教区の司教座がおかれ、中世には絶大な権力を誇った(大司教座に格上げされたのは1559年のことである)。

 

 

カンブレー司教区の領地は、おおまかにいって(歴史的な名称としての)フランドルと一致し、ネーデルラントの大きな部分を含む。


歴史

第一次世界大戦中、カンブレーの戦いがこの地において行われた(1917年11月20日 – 12月3日)。戦車を使用した作戦が初めて成功した例として知られる。


音楽史

カンブレーには15世紀を中心に豊かな音楽の歴史がある。

中世には吟遊詩人の活躍する地の一つでもあり、また12〜13世紀建造のカンブレーの大聖堂は17世紀に至るまでヨーロッパにおける音楽の中心地で、ネーデルラントのもっとも活発的な音楽活動基盤の一つであった。

 

 

 

特に大聖堂の合唱隊はヨーロッパ随一ともされ、ブルゴーニュ楽派の多くの作曲家が、この地で若年期を過ごしながら音楽教育を受け、また後に教師としてこの地を訪れている。

1428年にフィリップ美公は、カンブレー大聖堂の音楽、光そして鐘の音を褒め称え、キリスト教世界の中でもっともすばらしい聖堂だと述べている。

 

 

 

15世紀ヨーロッパ音楽で最も有名な人物であるギヨーム・デュファイは、1409年から1412年の間、この聖堂で学び、イタリアで長く過ごした後、1439年に再び戻っている。

また1450年代に絶対的な名声を確立した後の1459年にカンブレーに戻った際には、多くの若い音楽家が彼を慕ってカンブレーに集まったらしく、その中にはティンクトーリスやヨハネス・オケゲムなどもいた。

 

 

 

15世紀後半にカンブレー大聖堂で活躍した有名な作曲家には、他にニコラ・グルノン、アレクサンダー・アグリコラやヤーコプ・オブレヒトがおり、16世紀には、フィリップ・デ・モンテ、ヨハネス・ルピやヤコブス・デ・ケルルなどがいる。

 

 

ウィキペディアより引用


統治者 ピエール4世

 

 

 

1349-1368年 発行

発行枚数 不明 枚

 

 

 

重量:約3.37グラム

 

 

 

PCGS社鑑定枚数1枚、AU55でトップグレードです。

 

 

 

GOLD COINS OF THE WORLDでRare判定と大変希少性が高い一枚です。

関連記事
Comment





Comment